fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 昨年10月に東京で開催された『第58回海外日系人大会報告書』を見ていたら、田中克之海外日系人協会理事長の興味深い挨拶をみつけた。いわく《日系人の活躍の舞台は地理的に拡大し、またその世代交代も進んでおります。そのよい例が今年のノーベル文学賞を受賞されたイギリスの作家、カズオ・イシグロさんです。一般の日本人には、英国と日系人とはイメージ的になかなか結びつかないですが、同氏はれっきとして日系二世です》とこと。言われてみればその通りだが、あまりに立派過ぎて「日系人」だと認識されていなかった部分も。ならば日系初のノーベル賞。ちなみにブラジル国籍者で同賞受賞者は皆無。「ブラジル人」よりも先に「日系人」が受賞したことになる。ブラジル初のノーベル賞受賞者が、日系人だとスゴイのだが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年9月7日 東西南北  サンパウロ市北部にある、名門サッカー・チームのポルトゲーザの本拠地、カニンデー・スタジアムが11月7日に入札にかけられる予定だ。これは元選手のチアゴ・デ・モラエス・バルセロスがポルトゲーザを相手取って起こした裁判で500万レアルの支払いが命じられたのに半額しか払われないため、 […]
  • 東西南北2004年8月6日 東西南北 8月6日(金) […]
  • 入賞選手ら2015年2月21日 聖南西相撲選手権大会=オザスコが団体・個人制覇  聖南西文化体育連盟(UCES、山村敏明会長)は8日午前8時半、オザスコ日伯文化体育協会会館常設土俵で「第57回聖南西相撲選手権大会」を開催した。 開会式には羽藤ジョージサンパウロ州議、野村アウレリオサンパウロ市議、荒木進オザスコ文協会長、チンニャ・デ・ヘレーラ […]
  • 曹洞宗=北海道から守屋布教師=21日まで巡回布教2008年9月6日 曹洞宗=北海道から守屋布教師=21日まで巡回布教 ニッケイ新聞 2008年9月6日付け  曹洞宗のブラジル巡回布教が七日から実施されるにあたり、日本から守屋敬道特派布教師が来伯した。二十一日までの日程で三州の曹洞宗寺院で法話を行なう。 […]
  • 文協=1年間の集大成見て=恒例の絵画教室作品展=10日から2010年12月7日 文協=1年間の集大成見て=恒例の絵画教室作品展=10日から ニッケイ新聞 2010年12月7日付け  文協絵画教室の生徒による作品展が10日から12日まで、文協ビル(R. Sao Joaquim, […]