ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 昨年、各回200人を超える盛況ぶりで幕を下ろしたブラジル漫画協会と三重県人会共催の「日本の歴史講座」。好評を受けて、本年も全9回の講座が開講されることが決定した。第1回目は3月17日午前9時から、聖市の同県人会で開催される。同漫画協会の佐藤フランシスコ紀行会長によれば「武士への憧れからか、伯人は主に戦国時代以降の歴史に関心が高い。今年は、縄文・弥生時代などを短くして、近現代の歴史を手厚くしたい」とのこと。その他、伯国も含めた日本人海外移住に焦点をあてた特別講演会も企画しているとか。若い日系人子弟にとっては、どのような歴史的背景で移民政策が進められたのかを理解するよい機会ともなりそうだ。
     ◎
 日毎叢書企画出版から『楽書倶楽部』第41号が発行された。JICAシニアの鈴木京子さんが、東日本大震災を仙台で被災した時の経験を織り交ぜて書いた寄稿文「いつも通りが一番」が俊逸だ。朝起きて顔を洗う時、蛇口をひねるとお湯が出るのが当たりだと思っていた生活が震災で一変したという。《1カ月も水が出ず洗濯も風呂も大変でした。電気は一番早く四日後に復旧し次にガスが来ましたが、水がないために風呂に入れません》とある。いつ地震がきても対応できるよう、約1年間は夜も服を着たまま寝た。《六年も経ちましたが、なかなか普及が進まないので心が痛みます。今この瞬間を大切に、そして感謝を忘れず過ごしたい。いつも通りが一番です》と締めくくる。そんな興味深いコラムが35本もズラリ。興味ある方は同企画出版(11・3341・2113)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年2月9日 大耳小耳  本日1面には内閣府から「日・ブラジル首脳会談」という政府広告が掲載されている。このような日本政府の広告はとても珍しく、安倍総理が来伯してから始まった。「ブラジル日系社会の皆さんに、直接に報告したい」という総理の熱意の表れの一端ではないかと思われる。しかも今回のものは、短いなが […]
  • 大耳小耳2019年1月10日 大耳小耳  俳誌『蜂鳥』344号が刊行された。《思ひ出せぬまま初夢の失せにけり》(富重かずま)は、皆に心当たりのある体験。《忘れてたお金見つかる春の服》(伊藤みち子)は、仕舞う前に洗濯をしていたら紙幣がバラバラになっていたかも。《春霞喉元過ぎてラヴァジャット》(高橋紫葉)では、春が来てポ […]
  • 大耳小耳2018年12月11日 大耳小耳  第59回海外日系人大会(6月6日~9日、米国ハワイ)の報告書を見ていたら、カナダ日系文化センターの五明明子さんが「日系プレース」というユニークな施設の説明をしていた。バンクーバーのほぼ中心部にあり、3エーカー(約1万2千平米)の土地に、日系文化センター、博物館、シニア向けの集 […]
  • 大耳小耳2018年11月10日 大耳小耳  薩摩琵琶奏者の櫻井亜木子さんが日本移民110周年を記念し、聖市で演奏会を行う。11日午後4時半からサンパウロ市立劇場、入場料は20~10レ。15日午前11時からはイビラプエラ公園内の日本館で演奏する。櫻井さんは2015年度の文化庁文化交流使。同年も伯国各地で演奏会を行なった。 […]