ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 昨年、各回200人を超える盛況ぶりで幕を下ろしたブラジル漫画協会と三重県人会共催の「日本の歴史講座」。好評を受けて、本年も全9回の講座が開講されることが決定した。第1回目は3月17日午前9時から、聖市の同県人会で開催される。同漫画協会の佐藤フランシスコ紀行会長によれば「武士への憧れからか、伯人は主に戦国時代以降の歴史に関心が高い。今年は、縄文・弥生時代などを短くして、近現代の歴史を手厚くしたい」とのこと。その他、伯国も含めた日本人海外移住に焦点をあてた特別講演会も企画しているとか。若い日系人子弟にとっては、どのような歴史的背景で移民政策が進められたのかを理解するよい機会ともなりそうだ。
     ◎
 日毎叢書企画出版から『楽書倶楽部』第41号が発行された。JICAシニアの鈴木京子さんが、東日本大震災を仙台で被災した時の経験を織り交ぜて書いた寄稿文「いつも通りが一番」が俊逸だ。朝起きて顔を洗う時、蛇口をひねるとお湯が出るのが当たりだと思っていた生活が震災で一変したという。《1カ月も水が出ず洗濯も風呂も大変でした。電気は一番早く四日後に復旧し次にガスが来ましたが、水がないために風呂に入れません》とある。いつ地震がきても対応できるよう、約1年間は夜も服を着たまま寝た。《六年も経ちましたが、なかなか普及が進まないので心が痛みます。今この瞬間を大切に、そして感謝を忘れず過ごしたい。いつも通りが一番です》と締めくくる。そんな興味深いコラムが35本もズラリ。興味ある方は同企画出版(11・3341・2113)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年10月27日 大耳小耳  熟年クラブ連合会が発行する『ブラジル老荘の友』は、タブロイド版4ページだが中身が濃い。炭坑節の替え歌《うちの娘は よその嫁 ヨイヨイ/よその娘がうちの嫁 三千世界を歩いても/死に水とるのはうちの嫁 サノヨイヨイ》も傑作だが、チャチャチャ・バンブーの歌(「おもちゃのチャチャチャ […]
  • 大耳小耳2018年10月20日 大耳小耳  正派ブラジル筝の会・生田流正派は昨年、8人の会員で日本の国立劇場で行なわれた唯是震一三回忌追善演奏会に出席し、「酒歌」の演奏に参加したとか。伯国からの参加に、日本の家元も喜んでいたそうだ。「酒歌」は本演奏会でも発表される。また、北原会長が教えた名取3人の生徒は本演奏会初参加だ […]
  • 東西南北2018年10月2日 東西南北  9月30日、サンパウロ大都市圏では昼間に強い雨が降った。この雨により、サンパウロ市では6カ所で土砂崩れ、28カ所で冠水が起きるなどの被害が出た。この雨により、主要水系には大量の雨がもたらされ、グアラピランガの53・4ミリを筆頭に、カンタレイラが36・2ミリ、アウト・チエテが2 […]
  • 大耳小耳2018年9月29日 大耳小耳  サンパウロ蘭協会(AOSP)の蘭展が、久々に文協に帰ってきていた。ここ数年はエンブー市の広場を会場にしていたとのこと。ところが同協会サイトによれば、この9月21、22、23日に開催された第99回蘭展の会場は、再び聖市文協ビル(駐車場)に戻っていた。1967年2月にアクリマソン […]