ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大衆車販売=4年間続いた前年割れを脱出=景気回復が庶民レベルに

《ブラジル》大衆車販売=4年間続いた前年割れを脱出=景気回復が庶民レベルに

 景気回復に従い、ブラジルでの自動車業界の雇用情勢は昨年半ば頃から戻り始めたが、それを反映するように、17年の大衆車の販売数が前年比で3・1%伸びたと、14日付現地紙が報じた。
 ここ数年間の新車販売は、経済危機の影響が比較的少なかった裕福な層によって支えられてきた。この事は、Gol、Kaといったエントラーダと呼ばれる車や、OnixやArgoのような小型のハッチバック車の個人への販売数が13年から4年間、前年割れを起こしていた事からも窺われる。しかも、15、16の両年は前年比で25%以上減少していたのだから、庶民は大衆車にも手が出せなくなっていたといってもよい。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 《ブラジル》9月の新車販売台数2割減=「回復にはもっと時間かかる」2016年10月6日 《ブラジル》9月の新車販売台数2割減=「回復にはもっと時間かかる」  ブラジル全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)が5日、乗用車、小型商用車、トラック、バス全てを含めた新車の9月の販売台数が前年同月比で20%減少したと発表したと5日付現地サイトが報じた。  新車販売台数が17万8千台を記録した8月と比較すると、9月は15万9900台で […]
  • 購買力が2年間で9%縮小=所得の目減りの速度は低下2016年10月21日 購買力が2年間で9%縮小=所得の目減りの速度は低下  中央銀行による経済基本金利(Selic)引き下げ前、16日付エスタード紙や19日付フォーリャ紙が、失業者増加や高金利、高インフレなどで国民の購買力は14年より9%縮小したが、インフレの沈静化で実質所得が目減りするスピードは落ち始めたと報じた。 […]
  • 7月の小売5・3%縮小=01年以降最大の下げ幅2016年9月14日 7月の小売5・3%縮小=01年以降最大の下げ幅  地理統計院(IBGE)が13日、7月の小売は前月比0・3%、昨年同月比で5・3%縮小と発表したと同日付G1サイトなどが報じた。  5・3%減というのはIBGEが同種の統計を始めた01年以降、最大の下げ幅だ。今年の累計は6・7%、1年間の累計は6・8%減だった。  調査8部 […]
  • 連邦政府=免税処置見直しで税収増へ=工場のIPIなど対象か2016年9月27日 連邦政府=免税処置見直しで税収増へ=工場のIPIなど対象か  連邦政府が免税処置の見直しを図り、17年に150億レアルの増収を見込みたいとしていると、26日付フォーリャ紙が報じた。  労働者党(PT)政権が残した約300件の免税処置に関し、現政権は本当に有効なものかを審議し、税制改革に乗り出したいとしている。  免税見直しを検討する […]