ホーム | ブラジル国内ニュース | J&F=ウェズレイのデラソン破談に=「疑惑の検察員」の問題で

J&F=ウェズレイのデラソン破談に=「疑惑の検察員」の問題で

 連邦検察庁のラケル・ドッジ長官が、J&Fグループ一族のウェズレイ・バチスタ氏の報奨付証言(デラソン・プレミアーダ)に伴う恩恵取り消しを決めたと、最高裁に報告した。27日付現地紙が報じている。
 ウェズレイ氏は、昨年5月にJBSショックを巻き起こしたデラソンの主のジョエズレイ・バチスタ氏の双子の弟だ。今回の恩恵取り消しは、同氏とJ&F元理事のフランシスコ・デ・アシス・エ・シウヴァ氏の2人が対象となる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ