ホーム | ブラジル国内ニュース | U17W杯=若きセレソン逆転で優勝=メキシコ相手に2対1で勝つ

U17W杯=若きセレソン逆転で優勝=メキシコ相手に2対1で勝つ

優勝の喜びを爆発させるU17ブラジル代表(Alexandre Loureiro/CBF)

 17日にブラジリア近郊のガマで行われた男子サッカー17歳以下ワールドカップ(以下「U17W杯」)の決勝戦で、U17ブラジル代表がU17メキシコ代表を2対1で破り、同大会4回目の優勝を飾った。18日付現地各紙が報じている。
 今回の決勝は、4度目の優勝を目指すブラジルと3度目の優勝を目指すメキシコが激突。前半は両者とも0対0で折り返したが、後半21分にメキシコのブライアン・ゴンサレスがヘディングシュートを決めて先制した。
 ブラジルは先行を許したものの、準決勝のフランス戦で2点差を跳ね返した経験がチームに自信を与えており、落ち着いて反撃。後半39分にカイオ・ジョルジがPKを決めて同点とした後、後半の追加タイム3分にもラザロが勝ち越し点を奪い、逆転勝利を収めた。
 本来、今年のU17W杯はペルーで開催される予定で、ブラジルは南米予選突破に失敗していた。その後、ペルーがインフラ整備の遅れから開催権を返上。ブラジルに開催が回ってきて、開催国枠での出場だった。
 そうした背景から、ブラジルがどこまで勝ち進めるか未知数だったが、1次リーグでカナダ、ニュージーランド、アンゴラに3戦全勝。決勝トーナメントに入っても、チリ、イタリア、フランス、メキシコと強豪国を次々と破り、終わってみれば7戦全勝と、文句なしの優勝だった。
 チームを率いたダッラ・デア監督は、「この世代の選手の能力の高さを知らしめることが出来た。この中から何人もが、将来、フル代表のメンバーに入ると確信している」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コパ・アメリカ=日本代表初戦、日伯一丸で応援=事実上チリホームでも声援=日本から熱烈応援団が続々2019年6月19日 コパ・アメリカ=日本代表初戦、日伯一丸で応援=事実上チリホームでも声援=日本から熱烈応援団が続々  サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)の日本代表初戦、チリ代表との試合が17日午後8時から、サンパウロ市のモルンビ・スタジアムで行われ、4―0で大敗した。しかし、日本からサポーター(応援)が駆けつけ、当地の日系人や伯人もサムライブルーのユニホームに身を包んで一丸となり、 […]
  • コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日にサンパウロ市で大事な初戦2019年6月15日 コパ・アメリカ=日本代表を応援しよう!=17日にサンパウロ市で大事な初戦  14日から始まったサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)。6月14日から7月7日までブラジル内で開催されるこの大会では、5都市、6会場で試合が行われる。  そのうち、日本代表は17日午後8時から、サンパウロ市モルンビ・スタジアム(Praça Roberto […]
  • ブラジル代表=国内合宿もあとわずか=マリオ・ザガロも激励に2018年5月26日 ブラジル代表=国内合宿もあとわずか=マリオ・ザガロも激励に  ロシアW杯まで、残すところあと19日。6度目のW杯制覇を目指すブラジル代表は、21日からリオ州テレゾポリス市の合宿所で一次キャンプを行っている。  グランジャ・コマリーの愛称で知られる合宿所には、選手の姿を一目見ようとブラジル各地からファンが訪れ、大会直前の雰囲気も […]
  • ガリンシャ=リオの墓地で遺体が消失=管理が悪く掘り起こした記録もなし2017年6月1日 ガリンシャ=リオの墓地で遺体が消失=管理が悪く掘り起こした記録もなし  サッカーの王様ペレと並び賞賛された、元ブラジル代表の名選手、ガリンシャの遺体(遺骨)が墓から取り出され、どこに行ったかわからなくなっている。  ガリンシャの遺体が消失した事に最初に気付いたのは、墓参りに来たガリンシャの娘だった。  1983年に49歳の若さで亡くな […]
  • 開幕迫る2018W杯南米予選=ブラジルの初戦は敵地チリ戦2015年10月7日 開幕迫る2018W杯南米予選=ブラジルの初戦は敵地チリ戦  悪夢の惨敗を喫した昨年の自国開催W杯から1年と3カ月、サッカーブラジル代表、セレソン・ブラジレイラは早くも次のW杯、ロシアに向けての船出を切る。10月8日から2年の長きに渡る、2018ロシアW杯南米地区予選が開幕だ。 初戦の相手はチリ、会場は敵地サンチアゴ。直近の地元開催コッ […]