ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サッカーブラジル代表》負傷のヴィニシウスに代わり、ダヴィド・ネレス初召集

《サッカーブラジル代表》負傷のヴィニシウスに代わり、ダヴィド・ネレス初召集

 ブラジルサッカー連盟は7日、5日に行なわれた欧州チャンピオンズ・リーグの試合で負傷したヴィニシウス・ジュニオル(18)の代替として、オランダの名門クラブ、アヤックス所属のフォワード、ダヴィド・ネレス(22)の初召集を発表した。
 
  1997年生まれのネレスはサンパウロFCや、U20ブラジル代表のフォワードとして頭角を現しはじめた矢先の17年1月にアヤックスに移籍。5月までの残りのシーズンで8試合出場3得点を決める活躍をすると、翌シーズンはレギュラーに定着。リーグ戦32試合に出場し14得点をあげる活躍をして注目されていた。
 18/19年シーズンは序盤こそ出遅れたが、年が明けるとレギュラーを再び取り戻し、先発に定着。調子をあげていた。
 
 なお、ヴィニシウスが負傷した5日の試合の対戦相手はアヤックスで、この試合でネレスは1得点を決め勝利に貢献。レアルのチャンピオンズリーグ4連覇の夢も打ち砕いている。
 
 今回の召集は3月23日の対パナマ代表(ポルト)、26日にチェコ代表(プラハ)の2つの親善試合のためだ。ブラジル代表のテクニカル・ディレクターのエドゥ・ガスパール氏はヴィニシウス、ネレスの両選手に直接電話をかけ、ネレスの代替召集の経緯を説明。ヴィニシウスには一刻も早い回復を祈ったという。
 
image_print

こちらの記事もどうぞ