ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=3月25日街地区で火災=築約100年のビルが全焼

サンパウロ市=3月25日街地区で火災=築約100年のビルが全焼

年末の買い物客で賑わう、3月25日通りでの火災で、現場は一時騒然となった(Claudia Sena Trivella)

年末の買い物客で賑わう、3月25日通りでの火災で、現場は一時騒然となった(Claudia Sena Trivella)

 12日朝、サンパウロ市中央部の3月25日街地区で火災が起き、1924年建築の商用ビルが全焼した。
 カヴァリェイロ・ヴァジリオ・ジャフェ街とジョルジェ・アゼン街の角に建つビルは、1階部分に服地の店と軽食のできるランショネッテ、2階から上には、服飾工場や生地その他を保管する倉庫などが入っていた。
 通報を受けた消防は、20組の隊員を繰り出して消火活動を行ったが、
火の回りが早く、建物の内部は全焼。屋根も皆、焼け落ちた。建物内部の温度は一時、750度に達したといい、外壁にはひびも生じた。消防は、外壁が倒壊する危険度は高いと見ている。
 火災が発生した原因はまだ明らかになっていないが、従業員の証言によると、火災発生時、店内には客もいたが、速やかに誘導したため、死傷者は出ていないという。
 セー区役所の関係者によると、商用ビルとしての書類には不備はなかったというが、消防による安全許可は出ていなかったようだ。
 火災発生後も、ビルの外壁が倒壊する危険性があるため、市営市場の周辺の道の一部は通行禁止となっている。(12日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ