ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=3月25日街地区で火災=築約100年のビルが全焼

サンパウロ市=3月25日街地区で火災=築約100年のビルが全焼

年末の買い物客で賑わう、3月25日通りでの火災で、現場は一時騒然となった(Claudia Sena Trivella)

年末の買い物客で賑わう、3月25日通りでの火災で、現場は一時騒然となった(Claudia Sena Trivella)

 12日朝、サンパウロ市中央部の3月25日街地区で火災が起き、1924年建築の商用ビルが全焼した。
 カヴァリェイロ・ヴァジリオ・ジャフェ街とジョルジェ・アゼン街の角に建つビルは、1階部分に服地の店と軽食のできるランショネッテ、2階から上には、服飾工場や生地その他を保管する倉庫などが入っていた。
 通報を受けた消防は、20組の隊員を繰り出して消火活動を行ったが、
火の回りが早く、建物の内部は全焼。屋根も皆、焼け落ちた。建物内部の温度は一時、750度に達したといい、外壁にはひびも生じた。消防は、外壁が倒壊する危険度は高いと見ている。
 火災が発生した原因はまだ明らかになっていないが、従業員の証言によると、火災発生時、店内には客もいたが、速やかに誘導したため、死傷者は出ていないという。
 セー区役所の関係者によると、商用ビルとしての書類には不備はなかったというが、消防による安全許可は出ていなかったようだ。
 火災発生後も、ビルの外壁が倒壊する危険性があるため、市営市場の周辺の道の一部は通行禁止となっている。(12日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」2021年2月26日 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」  「ビデオゲームの達人」として有名だった19歳の女性が22日午後、ゲーマー(ゲーム愛好家)でサンパウロ市在住の18歳の少年に刺殺される事件が発生した。23、24日付現地紙、サイトが報じている。  殺害されたのは、イングリッジ・オリヴェイラ・ブエノ・ダ・シウヴァさんだ。 […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]