ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国民の過半数が適正体重超過=肥満に相当は5人に1人

《ブラジル》国民の過半数が適正体重超過=肥満に相当は5人に1人

 慢性病のリスクと保護に関する電話調査(Vigitel)によると、ブラジル国民の過半数は適正体重を超えており、5人に1人は肥満である事がわかったと25日付現地紙サイトが報じた。
 同調査によると、体重を身長の2乗で割った数字が25超の人は55・7%で、保健省が最初の調査を行った06年の42・6%より30・8%増えた。また、先の数字が30超で肥満と判断された人は、11・8%から19・8%に増えた。この値は統計開始以来最大だが、15年の18・9%以降は、横ばい状態といえる。
 この調査は、昨年の2~12月に、26州の州都とブラジリアで、18歳以上の人5万2395人を対象に行われた。
 適正体重を超えた人の割合は男性の方が上だった。だが、肥満者は、女性20・7%、男性18・7%で、女性の方が高い。女性の肥満者は40%、男性は21・7%増えた。肥満の人の増加率が高いのは25~34歳(84・2%)と35~44歳(81・1%)で、人口の伸び(67・8%)を上回った。
 なお、適正体重を超えている人の割合が最も高いのは55~64歳で、就学年数が少ない人の方が太り気味や肥満の人が多いという。
 他方、09~18年で見ると、週150分以上体を動かした人が30・3%から38・1%に増えるなど、生活習慣は改善している。野菜や果物を週5回以上とる人は、女性27・2%、男性18・4%、全体では23・1%で、20%だった08年より改善。炭酸飲料や加工品のジュースをよく飲む人(男性17・7%、女性11・6%)は、07年と比べて半減した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル南部》州立学校襲撃事件が発生=教師が武器奪い、死者は出ず2019年8月23日 《ブラジル南部》州立学校襲撃事件が発生=教師が武器奪い、死者は出ず  ブラジル南部リオ・グランデ・ド・スル州の州都ポルトアレグレ近郊のシャルケアーダ市の州立アシス・シャトーブリアン校に21日昼過ぎ、4年前まで同校に在籍していた17歳の少年(氏名非公表)が小型の斧を持って押し入り、生徒らを襲撃。生徒6人と教師1人の計7人が負傷した。21、22日付 […]
  • 《リオ州》刑務所監査で携帯電話7千個押収=妊婦と偽り、持ち込み図る者も2019年8月22日 《リオ州》刑務所監査で携帯電話7千個押収=妊婦と偽り、持ち込み図る者も  リオ州刑務所管理局(Seap)は20日、州内の刑務所では、今年に入ってから既に、7322個の携帯電話が押収されたと発表した。この数は昨年同期の5076個と比べ、44%増だ。   […]
  • 《ブラジルサッカー》2部リーグで不戦敗が発生=給料支払い遅れで選手がプレーを拒否2019年8月22日 《ブラジルサッカー》2部リーグで不戦敗が発生=給料支払い遅れで選手がプレーを拒否  ブラジルリーグ2部に所属するフィゲイレンセの選手たちが20日、給料の支払い遅れに対する抗議として、試合を行うことを拒否、不戦敗となる事件が発生した。  選手たちは試合開催地、アウェイのクイアバには向かったが、ホテルを出ることを拒否、その後予定より50分遅れでスタジアムに向か […]
  • チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も2019年8月21日 チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も  ブラジル政府は、2002年に逮捕され、現在服役中のチリ人の誘拐犯マウリシオ・ヘルナンデス・ノラムブエナ受刑囚を、チリ政府との間での合意により強制送還することに決めたと、20日付現地紙が報じている。  ノラムブエナ氏は2001年に実業家のワシントン・オリヴェット氏を誘拐した、 […]
  • サンパウロ市=またもVTに制限かかる=バス乗り継ぎ3時間2回まで2019年8月22日 サンパウロ市=またもVTに制限かかる=バス乗り継ぎ3時間2回まで  サンパウロ市の高等裁判所が19日、市の公共交通機関における、労働者の通勤手当(ヴァーレ・トランスポルテ、以下VT)を入金したビリェッテ・ウニコの使用に関する改定を禁ずる暫定令を解いた。同件の決定は二転三転を繰り返しており、市民の負担額が再び重くなると、同日付現地サイトなどが報 […]