ホーム | 日系社会ニュース | トヨタグループ主催コンペ=PLゴルフ場で145人が参加

トヨタグループ主催コンペ=PLゴルフ場で145人が参加

 トヨタグループ16社の協賛で「第12回レクサス&トヨタズカップ」が先月26日、アルジャー市のPLゴルフクラブにて開催された。当地における同グループへの日頃の愛顧に感謝を込めて毎年開催するもので、昨年を越える145人が参加し、大盛況となった。
 ブラジルトヨタ60周年、ブラジル日本移民110周年、PLゴルフクラブ50周年という記念すべき節目となった今大会。例年通りホールインワン賞にレクサスに加え、記念大会として特別にプリウスを用意。協賛企業から40以上もの賞品が準備された。
 小雨交じりのなか、参加者らは懇親を深めながらプレーを楽しみ、トヨタ・デンソー・アイシンの社長ら、在伯協賛企業の代表10人も参加した。
 男性A部門で優勝したサンパウロ市在住の石原邦夫さんは「自分はもう77歳になるので、若い人にもっと頑張ってもらいたい」と若手の台頭に期待を寄せた。その他、優勝者は以下の通り(敬称略)。男性B部門・伊藤清春、女性A部門・田島正美、女性B部門・渡辺みどり。
 なお、同グループは「今後も実際のビジネスだけではなくこのような社会活動においても、トヨタグループで一致団結し、お客様第一で活動を続けていきたい」とコメントしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ