ホーム | イベント情報 | 特別展「子供移民の生活」=移民史料館で3日、出版会も

特別展「子供移民の生活」=移民史料館で3日、出版会も

 ブラジル日本移民史料館は、ブラジル日本移民110周年及び創立40周年特別展『子供移民の生活』を3月3日から、文協ビル内の同館9階(Rua Sao Joaquim, 381)で開催する。
 これはポーランド移民で歴史学者のローネイ・シートリノウィッチ氏と妻のモニカ氏が、史料館の写真史料を基に制作した『日本移民の子供の生活』と題した書籍の出版に伴って、企画されたもの。初日3日の午後2~5時には、出版会が開催される。一冊20レ。
 展示会では、子供移民の日常生活のなかで使われた昔の玩具、勉強に使用された本や教科書、日本の民話絵本やレコード、日本の文化に触れる機械でもあった踊りやお稽古事に使われた着物やスポーツ用品など、日本文化への興味を持つことに繋がることを期待して企画された。
 展示会は7月29日まで午後1時半から5時半まで。入場料は大人12レアル。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • FIESP=日曜のパ大通りに日本文化=サンバと琉球太鼓の共演も2018年6月16日 FIESP=日曜のパ大通りに日本文化=サンバと琉球太鼓の共演も  FIESP(聖州工連)とSESI(社会工業サービス)の共催で、ブラジル日本移民110周年記念ショーが10日午後、パウリスタ大通りのFIESP文化センター前の特別ステージで開催された。歩行者天国となった同日、多くの通行者が足を止めて、日本文化公演を楽しんだ。  同ショ […]
  • 移民博物館、『ガイジン2』を上映=移民の日を記念し、18日に2018年6月13日 移民博物館、『ガイジン2』を上映=移民の日を記念し、18日に  聖州立移民博物館は、ブラジル日本移民110周年記念公式イベントとして『Gaijin ― Ama me como sou』(山崎千津薫監督、2005年)を18日午後5時から、同館(Rua Visconde de Parnaiba, 1316, […]
  • 一度だけ身内の話を2018年7月31日 一度だけ身内の話を  かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。  だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。  もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談した […]
  • 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(7)=多人種が共存する平和な未来を2018年7月21日 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(7)=多人種が共存する平和な未来を  沖縄県人会に協力要請する以前に、奥原さんは日系社会を代表する組織、ブラジル日本文化福祉協会にもお願いしたが、断られていた。すでに当事者の大半が亡くなっており、当時を知らない世代ばかりになった今、「今さらそんなことをほじくらなくても」という声も強い。そんな流れに掉さす様 […]
  • 移民110周年=聖市議会が10人を表彰=野村市議「今こそ先人の遺産を」2018年6月29日 移民110周年=聖市議会が10人を表彰=野村市議「今こそ先人の遺産を」  6月18日の「移民の日」を記念した「ブラジル日本移民110周年記念セッション」が19日夜、聖市議会貴賓室で行われた。これは移民百周年以降、聖州議会と市議会が交互に開催しているもの。今年は野村アウレリオ市議、太田正高市議、羽藤ジョルジ市義、林ロドリゴ・ゴウラール市議の発 […]