ホーム | 日系社会ニュース | 山口県人会=新会長に伊藤元事務局長が就任=働き方改革、日語授業も

山口県人会=新会長に伊藤元事務局長が就任=働き方改革、日語授業も

就任挨拶中の伊藤新会長

就任挨拶中の伊藤新会長

 ブラジル山口県人会の定期総会が先月25日午前に開催され、会員など約60人が出席した。役員改選が行われ、同県人会で17年間事務局長を務めてきた伊藤紀美子さん(山口市、68)が就任した。
 昨年度事業報告では、同県人会創立90周年記念事業などの報告のほか、日本語授業を求め来館する人や近隣住民からヨガやピラティス、座禅などの講座開講を求められたことも報告。今年から開講を検討することを発表した。
 昨年度の会計は収入、収支ともに146万6550・97レとなった。
 その後役員改選が行われ、県人会での仕事ぶりや教職の経歴から伊藤さんが推薦された。会員らは拍手で承認した。
 2010年から4期8年会長を務めた要田武会長は「そろそろ若い人に譲りたい。8年間皆さんに教えてもらいながら仕事ができた」と退任挨拶を述べ、拍手が贈られた。
 就任挨拶に立った伊藤さんは「ポ語世界の中で日語世界も終わろうとしているが、歴史は守り続けたい。皆さん、よろしくお願いします」と語った。
 また、総会後取材に応じた伊藤新会長は「3月から日本語授業を開講する。県人会内も皆が働きやすいような『働き方改革』を実施したい」と展望を語った。


□関連コラム□大耳小耳

 山口県人会の総会後には懇親会が行われ、青年部のリーダーも交代し、2015年度の県費留学生平見キクエさん(四世、25)が新しく就任した。平見さんは県人会に入って3年目。「日本祭りなど大きなイベントもある。青年会員を増やし、青年部を活性化させたい」と挨拶を述べた。日本語の授業やヨガ講座なども新しく開講される同会館。県人会長、青年部長共に新しい風で県人会丸ごと活性化?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、サンパウロ市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさか […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評2019年1月23日 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評  東京、埼玉、宮城の3県人会は19日、「3県合同新年会」をサンパウロ市の宮城県人会館で初開催した。各県人会員をはじめ、野口泰在聖総領事、松尾治文協副会長ら総勢100人が参加。数の子や黒豆、田作り、いくら、からすみ、エビフライ、煮豚、赤飯などが入った豪華な手作りおせち弁当 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]