ホーム | 日系社会ニュース | 110周年リッファ当選者を発表!=プロミッソンに資金協力も

110周年リッファ当選者を発表!=プロミッソンに資金協力も

 【既報関連】ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)は、先月24日に抽選を実施した「移民110周年第1弾リッファ(協力券)」の当選者を、先月28日に開示した。当選者は以下の通り。
▼1等=エドアルド・ナガトモ、2等==エレン・シバ・オハラ、3等=エルネスト・アラシロ、4等=東芝メディカル・ド・ブラジル、5等=アントニオ・カワカミ
 当日取材に応じた菊地義治実行委員長は「トヨタ自動車やファスト・ショップをはじめ、日系社会の皆様に色々な面で協力して頂いた。御礼を申し上げたい」と謝意を滲ませた。本田技術研究所からシビックの寄付を受けた第2弾リッファの販売も、来月から開始される見込みだ。
 また、菊地実行委員長は、第2弾リッファのうち100冊をプロミッソンに付与し、その売上全額を同地の祭典費用に充てる方向で検討していると発表。その額3万5千レアル。「サンパウロ市のためだけにお金を集めてはダメ。地方にも協力しなければ」と協力姿勢を示した。
 問合せは、文協事務局(3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • ロンドリーナ文協、新年拝賀式=感動の眞子様ご来伯振り返る2019年1月19日 ロンドリーナ文協、新年拝賀式=感動の眞子様ご来伯振り返る  北パラナにあるロンドリーナ文化体育協会(ACEL、佐藤ペドロ会長)の新年拝賀式が1月1日午前9時から同会館で行われ、昨年と同じく60人の参加者で賑わった。  鈴木勇(いさむ)元会長の日ポ両語の司会によって式は進行。日伯両国の国歌斉唱後、佐藤ペドロ会長はあいさつで「昨 […]
  • 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会2018年12月27日 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会  日系人が余り進出してない分野で活躍する先駆的人物を取り上げるドキュメンタリー映画プロジェクト「Nipo―Brasileiro」の先行試写会が19日夜、サンパウロ市のブルーツリーホテルで開催され、関係者ら約90人が集まって第1話を鑑賞した。企画したのはマリア・リガヤ・ア […]
  • エドアルド=凱旋公演に360人が熱狂!=股旅姿で日本魂を歌い上げる=目指すは2020年NHK紅白2018年12月6日 エドアルド=凱旋公演に360人が熱狂!=股旅姿で日本魂を歌い上げる=目指すは2020年NHK紅白  「ただいま~! 1万8千キロ離れたブラジルへ、日本の魂を歌いにきた男・エドアルドが2年振りに帰って参りました」――光沢ある黒いジャケット姿でブラジル人演歌歌手・エドアルド(34)が颯爽と舞台に登壇すると、「おかえり~」と大きな声援が上がった。先月30日夜、文協多目的ホ […]
  • 61の団体、個人に感謝状授与=110周年を支えた功労者に2018年12月6日 61の団体、個人に感謝状授与=110周年を支えた功労者に  ブラジル日本移民110周年祭典委員会(菊地義治実行委員長)は、祭典事業に協賛、協力した61団体、個人に対する「感謝状授与式」を行った。エドアルドのディナーショーの前に催され、出席した40人に授与された。  「時が経つのは早いもので、祭典事業が始まりを告げた新年会が昨 […]