ホーム | 日系社会ニュース | 原田清さん=『世界の弁護士』に記載=ブラジル人初、国際弁護士会合で

原田清さん=『世界の弁護士』に記載=ブラジル人初、国際弁護士会合で

会合に出席した原田氏(中央)

会合に出席した原田氏(中央)

 日系弁護士の原田清さん(77、二世)が1月25日から30日の間、イタリアのミラノ大学で行われた『第15回ミラノ国際弁護士会合』でブラジルの弁護士として初めて主賓(パトローノ)の名誉に浴し、同会合の公式出版物『世界の弁護士』に名前が記載された。
 同会合は南米、欧州、アフリカにおける弁護士の認識共有を目的とする「国際弁護士協会」が主催している。同会合には亜、伯、西、伊、葡の5カ国の弁護士が参加した。
 会合初日の開会式では在ミラノブラジル総領事館のパウロ・コルデイロ・デ・アンドラーデ・ピント総領事、ミラノ弁護士協会のレモ・ダノヴィ会長が出席し歓迎の挨拶を述べた。表彰も行なわれ、原田氏に記念プレートが贈られた。
 翌日ミラノ市内のブライデンセ国立図書館の見学が行われ、原田氏は自分の著作を寄贈した。その後、近代刑法の礎となった『犯罪と刑罰』の著者チェーザレ・ベッカリーアを顕彰し、ミラノ大学で原田氏を含む8人が基調講演を行なった。原田氏は「租税犯罪に関する法的展開」をテーマに発表した。
 講演後、参加者に『世界の弁護士』第6巻が配布され、オロスコ教授からベッカリーア氏の肖像が刻印されたメダルが授与された。第6巻には原田氏の名前と講演内容などが記載されている。
 27日は原田氏の妻で弁護士のフェリシアさんとともに、ミラノ中央裁判所の司法年度開会式に出席した。式典ではマリア・アンナ・タバッシ所長による1時間半にも及ぶ講演会が行われた。
 原田氏はミラノ中央裁判所から贈られた同裁判所の出版物の内容に触れ、「同国では約68%の裁決が6カ月以内に行なわれ、14%が6カ月~1年、11%が1~2年、7%が2年以上。ミラノでは裁判官は一日中裁判の仕事しかしないのでこれだけ早い。裁判官が大学の講師をしたり講演会を行うブラジルと全く違う」と驚きを語った。
 最後に「同会合15年目にしてブラジル人で初めて、ベッカリーア公爵が生まれたミラノ市で表彰を頂いてとても嬉しい」と喜びを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 手放しで喜べない輸出の好調=対欧米アジアに必要な長期戦略2005年6月18日 手放しで喜べない輸出の好調=対欧米アジアに必要な長期戦略 6月22日(水)  【エスタード・デ・サンパウロ紙七日】サンパウロ大学経済学部のサワヤジャンク教授は、パロッシ財務相の景気回復は鶏の羽ばたきではないと公言したが、雲行きが怪しくなってきたと次のように述べた。 […]
  • 新年会に150人集まる=南大河州の鹿児島県人会2019年2月22日 新年会に150人集まる=南大河州の鹿児島県人会  第39回南大河州鹿児島県人会の新年会がイボチで1月19日(日)に開かれ、約150人が集まり、盛大に祝いました。  新会長の笹田ルイスさんは、「20人の役員のおかげで毎年この会が開ける」と謝辞を述べました。  ポルトアレグレの近藤領事事務所長と、ブラジル鹿児島県人会 […]
  • サ・パウリスタ文協=敬老家族慰安演芸会=200人集まり、盛大に2011年9月23日 サ・パウリスタ文協=敬老家族慰安演芸会=200人集まり、盛大に ニッケイ新聞 2011年9月23日付け  サンミゲル・パウリスタ日系文化体育協会(約180家族・美甘好重会長)は、『第52回家族慰安演芸会・敬老会』を4日に同会館で開いた。会員に中心に250人以上が来場し、和やかに過ごした。 […]
  • 国外の投資家が積極的にブラジル株購入=JBSショックで割安感が出る2017年6月6日 国外の投資家が積極的にブラジル株購入=JBSショックで割安感が出る  5月18日のサンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は8・8%下落して、ブラジル市場ではほぼ9年ぶりの下げ幅を記録したが、同月の国外投資家によるブラジル株への投資は21億5千万レアル(約750億円相当)増大したと、5日付現地紙が報じた。  これは5月の外国人投資家による […]
  • 日本通運=新たな企業活動認証を取得=医療用器具の保管で支援2016年7月14日 日本通運=新たな企業活動認証を取得=医療用器具の保管で支援  ブラジル日本通運有限会社(細谷浩司社長)が7日、国家衛生監督庁(ANVISA)から医療用器具の保管に関する企業活動認証を取得したと発表した。 14年の安倍首相来伯の際、日伯両国間での医療、保健分野における協力関係に同意したことを受け、日系企業による当該分野での進出が見込まれる […]