ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■ブラジル音楽を日本に紹介

■ひとマチ点描■ブラジル音楽を日本に紹介

2007年7月6日付け

 火中の栗を拾うようなもの―。自嘲気味に笑いながらも、「ブラジル音楽を日本に伝えることをライフワークにしたい」。
 そう語るのは、先月21日に来社した藤野秀樹さん。昨年、新しい音楽レーベル(B.SUN RECORDS)を立ち上げた。MPBのコンピレーションアルバムやファンキカリオカ、ハードロックバンド「ピティ」など4作品を5月に〃日本盤〃としてリリース。今年、計12枚を発表する予定だ。
 元々、音楽業界に関わっていたが、日本で認知されているブラジル音楽がサンバ、ボサノヴァ一辺倒なことに疑問があった。「ブラジル発の新しいスターが生まれてもいい」。そんな思いを強く持ち、05年に初来伯。
 それから二年間に五回訪れるほど惚れ込んだ。ライブにも頻繁に足を運んだ。ミュージシャンたちとの積極的な交流を通し、その「ポテンシャルの高さ」に毎回魅せられた。
 「ブラジルが持つ豊かで人間らしいライフスタイルを紹介し、『楽しく生きる』喜びを音楽とともに届けたい」――。
 そんな思いから、独自の感覚で音源を選択、ミュージシャンと直接契約し、「洋楽チャートにランクされるような」ブラジル音楽を日本に紹介していきたい、と意気込む。
 将来的には、日本のアーティストの楽曲をブラジルでプロデュースし、日本へ逆輸入したいとの思いも。
 「毎回、人に会うことを大事にしている。そして、意識していれば、新しい音源にも出会うはず」。受身で聞くことに抵抗する藤野流の音の探り方だ。    (剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フルート奏者=熊本尚美さんが公演=FECAPで3日夜2010年11月2日 フルート奏者=熊本尚美さんが公演=FECAPで3日夜 ニッケイ新聞 2010年11月2日付け  リオで活躍するショーロ・フルート奏者、熊本尚美さん(兵庫県出身)のコンサートが、3日午後8時から、サンパウロ市リベルダーデ区のテアトロFECAP(Av. Liberdade, 532)である。 […]
  • 「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界2019年5月31日 「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界  27日、男性人気歌手ガブリエル・ジニスが小型飛行機の墜落で亡くなった。昨年、ラテン・ダンス調のラブ・ソング「ジェニフェル」が大ヒットし、これから国を代表する人気者になりかけた矢先だった。ワイルドながら親しみやすい容姿に、高音域がスカッと伸びる恵まれた声質、そして、「ジ […]
  • 2年連続でリオに出場!=日本のサンバチーム、路上で2019年2月28日 2年連続でリオに出場!=日本のサンバチーム、路上で  昨年日本人で初めてリオのカーニバルの公式プログラムに参加した、東京都を拠点に活動するサンバチーム「ケール・スウィンガール・ヴェン・プラ・カ」(以下QSVPC、宮澤摩周代表)。今年も3月3日午前11時から、リオ市ヴィラ・イザベル区のバラォン・デ・ドゥルモンド広場で路上パ […]
  • ラテン・グラミー=今年もブラジル勢は蚊帳の外=ウルグアイの大物が主要部門圧勝2018年11月17日 ラテン・グラミー=今年もブラジル勢は蚊帳の外=ウルグアイの大物が主要部門圧勝  15日、中南米ならびにスペイン語圏最大の音楽賞、ラテン・グラミー賞の授賞式がアメリカのラス・ヴェガスで行われたが、ブラジル勢は今年も主要部門では蚊帳の外で終わった。  ラテン・グラミーでは毎年、メキシコ、プエルトリコ、コロンビア、そして中南米音楽の母国語の国としてスペインが […]
  • (ブラジル音楽賞)大ベテランが受賞を独占 シコ・ブアルキが大賞受賞2018年8月17日 (ブラジル音楽賞)大ベテランが受賞を独占 シコ・ブアルキが大賞受賞  ブラジルの音楽賞のひとつ、「ブラジル音楽賞(プレミオ・ムジカ・ブラジレイラ)」の授賞式が15日に行われ、シコ・ブアルキなどが受賞した。  ブラジル音楽賞は、ブラジルのアーティストの音楽賞としては、ムウチショウ賞やラテン・グラミー賞などと並ぶ、大きな賞のひとつだ。今年 […]