ホーム | 日系社会ニュース | 希望の家=ジャイールさん親子で出演=緑の祭典2万人のにぎわい

希望の家=ジャイールさん親子で出演=緑の祭典2万人のにぎわい

ニッケイ新聞 2007年10月2日付け

 希望の家福祉協会(木多喜八郎理事長)主催の「第二十九回緑の祭典」が九月二十九、三十日、イタクアケセツーバ市の同施設で開催された。両日とも肌寒い天気となったが、日系・非日系を問わず、開催二日間で約二万人が会場に駆けつけた。
 「お金を払って来てもらったら大赤字」と関係者が感謝していたのは、同祭典の目玉となったMPB歌手ジャイール・ロドリゲスとその子供ルシアーナ・メーロ、ジャイール・オリベイラの特別コンサート。二日目の午後に行われた同コンサートには、来場者が歌にあわせて踊りだすほどに大盛り上がりだった。
 約六千平米の会場にはビンゴ大会ほか、アルジャのアフロード花卉生産者組合による即売会、衣類や日常雑貨の販売店などが並んだ。飲食の屋台も例年通り充実し、サンマ定食(十レアル)をはじめ、寿司やうどん、焼きそば、ピッツアやお菓子などが販売され、盛況だった。
 また同施設の園児らがつくった手帳や鉛筆入れ、絵画なども即売され、来場者の関心をひいていた。
 同祭典の運営には各文協の青年部や婦人部ら約二千人のボランティアが担当。それぞれが屋台での販売や交通整理などを分担した。
 この他、ネルソンとダヴィのデュエットコンサート、平田ジョーさんや伊藤カレンさんらの歌謡ショーがあり、会場を盛り上げた。また琉球国祭太鼓など各太鼓グループの演奏も人気だった。
 木多理事長は「心身障害者の入居する施設の維持費捻出のためにはこうしたイベントの売上が大きい。毎年みなさんに協力して頂き感謝しています」と笑顔で話していた。
 同ホームには現在九十三人の園児が全寮制で暮らしている。平均年齢は約四十五歳。同会長によれば、園児一人あたり毎月、約千五百レアルの費用がかかるが、その内七割ほどを同協会が負担している。同祭典などのイベント収益や各方面からの寄附金などを充当して運営しているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 軍政開始から50年 連載 ④ 怒れる若者たちの反乱=MPBなどの文化も生まれる2014年4月4日 軍政開始から50年 連載 ④ 怒れる若者たちの反乱=MPBなどの文化も生まれる ニッケイ新聞 2014年4月4日  今回は軍政に反対した民衆について検証する。 民衆側の反乱は、1967年にミナス・ジェライス州とエスピリトサント州の間のカパロン山脈に初の武装ゲリラが結成されてから激化する。その動きは、トカンチンス州のアラグアイア川沿いで大規模なゲリラ活動を展 […]
  • ボサノバ名盤5枚が復刻=世界的ブームから50年2014年3月26日 ボサノバ名盤5枚が復刻=世界的ブームから50年 ニッケイ新聞 2014年3月26日  「イパネマの娘」の世界的大ヒットから50年を迎えるブラジルだが、それにタイミングを合わせたような企画が進行している。この4月、5枚のボサノバの名盤が、昔なつかしいLPサイズのアナログ盤として国内で再発される。  ブラジルでも、「アナログ盤 […]
  • 高まるロニー・ヴォン再評価=時代を先取りしすぎた元アイドル2014年2月13日 高まるロニー・ヴォン再評価=時代を先取りしすぎた元アイドル ニッケイ新聞 2014年2月13日 60~70年代に数多くの名歌手を生み出してきたブラジル音楽界だが、現在、ブラジルの音楽マニアのあいだで再評価の進んでいる男性歌手がいる。それがロニー・ヴォンだ。 ロニー・ヴォンと言えば、元々は1960年代、その二枚目俳優ばりの端正な容姿で人 […]
  • メンサロン・ミネイロ=検察庁が最高裁に実刑請求=アゼレード氏に22年=「PSDBのジルセウ」とも=後輩知事のアエシオは否定2014年2月11日 メンサロン・ミネイロ=検察庁が最高裁に実刑請求=アゼレード氏に22年=「PSDBのジルセウ」とも=後輩知事のアエシオは否定 ニッケイ新聞 2014年2月11日 連邦検察庁は7日、かねてから「メンサロン・ミネイロ」という異名で注目されていた汚職事件の中心人物である元ミナス・ジェライス州知事のエドゥアルド・アゼレード現連邦下議(民主社会党・PSDB)に対し、22年の懲役、220万レアル罰金支払いという […]