ホーム | ブラジル国内ニュース | 男子バレー=名監督ベベトが急死=84年五輪銀メダルの指導者

男子バレー=名監督ベベトが急死=84年五輪銀メダルの指導者

 1984年のロサンゼルス五輪で男子バレー代表の銀メダル獲得に貢献し、指導者としても成功したベベト・デ・フレイタス氏(68)が13日、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテで心不全のため急死した。14日付伯字紙が報じている。
 1950年にリオで生まれたベベトは、ボタフォゴでプレーし、1965年から75年までの同チームの州選手権11連覇に貢献した。
 さらに代表選手としても、1972年のミュンヘン五輪、76年のモントリオール五輪に2大会連続で出場した。
 そして1984年、ベベトは男子バレーの監督としてロサンゼルス五輪に出場。ベルナルジーニョをはじめとしたバレー史に残る選手たちを擁したこのチームは銀メダルを獲得。ブラジルで初のバレーでのメダルとなっただけでなく、ここからブラジルのバレー大国化がはじまった。
 90年代にはイタリアに渡って指導者となり、98年のW杯で同国を世界一に導くなど、成功した。
 ここ数年間はアトレチコ・ミネイロの運営管理部門の担当理事として、サッカーも含むスポーツの強化、普及につとめていたが、13日、同クラブのアメリカン・フットボールチーム発足を公表するイベントの直後に心臓発作を起こし、帰らぬ人となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》ワクチン接種完了に4年かかる?!=高所得国で打たない分回して=世界で圧倒的に不平等な配分2021年2月23日 《記者コラム》ワクチン接種完了に4年かかる?!=高所得国で打たない分回して=世界で圧倒的に不平等な配分 保健相「年末までに全国民に接種する」  バズエロ保健相は上院の公聴会で11日、「ワクチン可能な国民の50%を6月までに、残りは年末までに接種したい」と大見得を切ったのを聞き、耳を疑った。  どういう計算をしたら、そんなことが言えるのか。「どうせ分らないだろう」と国民 […]
  • 東西南北2021年2月13日 東西南北  15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、 […]
  • 東西南北2021年2月9日 東西南北  7日に行われたサッカーのクラブW杯準決勝で、南米代表のパルメイラスは北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)に0―1で敗れた。後半7分、ディフェンダー、ルアンがペナルティ・エリア内で相手フォワードのカルロス・ゴンザレスに痛恨のファウル。そこで得たPKを相手エース、ジニャック […]
  • 東西南北2021年2月4日 東西南北  サンパウロ州政府が「コロナワクチンの州の接種予定に関し、フェイクニュースに注意を」と呼びかけている。それによると、ワッツアップなどを通じて「75歳以上の高齢者の接種が8日からはじまる」とか「28歳より下の接種の開始は7月1日以降」などの怪情報が流れているという。正しくは、90 […]
  • 《ブラジル》パルメイラスが南米王者に=世界一かけクラブW杯進出へ2021年2月2日 《ブラジル》パルメイラスが南米王者に=世界一かけクラブW杯進出へ  ブラジル勢同士の対決となったサッカーのリベルタドーレス杯決勝は、1月30日にリオ市のマラカナン・スタジアムで行われ、パルメイラスがサントスを1―0で下し、21大会ぶり2度目の南米一を達成した。次の週末には世界一をかけてクラブW杯に進出する。1月31日付現地紙が報じてい […]