ホーム | ブラジル国内ニュース | 男子バレー=名監督ベベトが急死=84年五輪銀メダルの指導者

男子バレー=名監督ベベトが急死=84年五輪銀メダルの指導者

 1984年のロサンゼルス五輪で男子バレー代表の銀メダル獲得に貢献し、指導者としても成功したベベト・デ・フレイタス氏(68)が13日、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテで心不全のため急死した。14日付伯字紙が報じている。
 1950年にリオで生まれたベベトは、ボタフォゴでプレーし、1965年から75年までの同チームの州選手権11連覇に貢献した。
 さらに代表選手としても、1972年のミュンヘン五輪、76年のモントリオール五輪に2大会連続で出場した。
 そして1984年、ベベトは男子バレーの監督としてロサンゼルス五輪に出場。ベルナルジーニョをはじめとしたバレー史に残る選手たちを擁したこのチームは銀メダルを獲得。ブラジルで初のバレーでのメダルとなっただけでなく、ここからブラジルのバレー大国化がはじまった。
 90年代にはイタリアに渡って指導者となり、98年のW杯で同国を世界一に導くなど、成功した。
 ここ数年間はアトレチコ・ミネイロの運営管理部門の担当理事として、サッカーも含むスポーツの強化、普及につとめていたが、13日、同クラブのアメリカン・フットボールチーム発足を公表するイベントの直後に心臓発作を起こし、帰らぬ人となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び2020年9月5日 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は2日、代表(セレソン)選手に対する日当とゲームでの賞金(褒賞)を男女同額にすると発表した。3日付現地紙が報じている。  CBFのロジェリオ・カボクロ会長が2日の会見で明らかにした。それによると、CBFではすでに3月から、代表選手に対する日当 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]