ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル中銀》低インフレはしばらく続くと予測=GDP成長率は若干下方修正

《ブラジル中銀》低インフレはしばらく続くと予測=GDP成長率は若干下方修正

今年から来年にかけても低インフレは保たれるだろうと中銀は予測している。(参考画像・Tânia Rêgo/Agência Brasil)

今年から来年にかけても低インフレは保たれるだろうと中銀は予測している。(参考画像・Tânia Rêgo/Agência Brasil)

 ブラジル中銀発表の景気動向予測週報、フォーカスによると、今年の広範囲消費者物価指数(IPCA・政府の公式インフレ率)の予測は、前回の3・67%から3・63%へと下方修正された。年間IPCA予測が引き下げられるのはこれで7週連続となる。

 政府のインフレ目標は今年が4・5%±1・5%以内で、2019年が4・25%±1・5%以内だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ