ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》レベッカが世界体操でも快挙=五輪に続く金、銀の2メダル

《ブラジル》レベッカが世界体操でも快挙=五輪に続く金、銀の2メダル

東京五輪の跳馬での演技(Miriam Jeske/COB)

 北九州市で開催された世界体操で、ブラジルのレベッカ・アンドラーデが、ブラジル人女子体操選手では初の1大会2メダルを達成した。
 レベッカは東京五輪でも個人総合で銀をとった時点で、ブラジル人女子選手としては初の個人でのメダル獲得を達成。その後、跳馬で金を獲得し、1大会2メダルも達成した。
 世界体操でのレベッカは跳馬と段違い平行棒、平均台の3種目に挑戦し、全種目で決勝進出を果たした。ブラジル人女子選手が世界体操で3種目で決勝進出を果たしたのも初めてだ。

世界体操予選終了後のレベッカ(Time Brasilのツイッターより)

 決勝は23日と24日にまたがって行われ、跳馬で金、段違い平行棒で銀を獲得。この時点で、ブラジル人選手初の1大会2メダルを達成した。
 決勝2日目の平均台は最初のミスが響き、6位に終わったが、レベッカやコーチ達は、ひざの手術なども乗り越えて達成した2大会連続の2メダル獲得に大きな手応えを感じている。
 東京五輪に続く成果について訊かれたレベッカは、メダル獲得を素直に喜びんだ後、支援者達への感謝を表明。「帰国後は休暇をとって充電する」と語っている。

★2021年10月19日《ブラジル》北九州の世界体操に3人派遣=日系のノリや五輪金のレベッカも
★2021年8月3日《ブラジル》東京五輪 レベッカが跳馬で初金=テニスと水泳で銅メダル
★2021年7月30日《ブラジル》東京五輪 体操個人総合でレベッカ銀=柔道のマイラは3大会連続銅

image_print

こちらの記事もどうぞ