ホーム | 日系社会ニュース | ホンダ=110周年にシビックなど3点寄贈=今週にもリッファ販売開始

ホンダ=110周年にシビックなど3点寄贈=今週にもリッファ販売開始

贈呈式の様子

贈呈式の様子

 ホンダサウスアメリカ社は、日本移民110周年記念事業の資金集めのため実施される「第2弾リッファ(協力券)」の景品として、シビック・ツーリング、スクーターPCX、発電機EU10の3点を3月29日、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に贈呈した。
 これは7月21日に県連日本祭で開催される移民110周年記念式典及び、サンロッケ市の国士舘再開発事業の資金集めを目的としたもの。
 同日、贈呈式には、同社のパウロ・シュウイチ・タケウチ執行役員、同委員会の呉屋春美祭典委員長、菊地義治実行委員長、関口ひとみ在聖首席領事らが出席。
 呉屋祭典委員長は「寄付頂いた製品で、記念事業を実現することが可能となる。貴社には、日系社会のイベントにいつも協力して頂いている。深く感謝申し上げたい」と謝意を滲ませた。
 それに対し、タケウチ執行役員は、「110周年の節目に実現されようとしているこれら事業を支援することは重要」との認識を示し、「より多くのリッファ販売に寄与することを祈念し、これらの景品を贈呈できることを非常に嬉しく思う」と語った。
 リッファは今週にも販売開始される見込みで、6月7日に抽選が実施される。1等~3等までを自動車、自動二輪、発電機とし、4、5等には、ファストショップ社から贈呈された40インチのパナソニック製テレビ、ソニースマート・フォーンが景品となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ