ホーム | 日系社会ニュース | 第40回聖州相撲選手権大会=幼少年強化目的に200人参加

第40回聖州相撲選手権大会=幼少年強化目的に200人参加

白熱した相撲大会

白熱した相撲大会

 ブラジル相撲連盟(籠原功会長)主催の「第40回聖州相撲選手権大会」が、先月25日、聖市ボン・レチーロ区の常設土俵場で行なわれた。
 幼少年の選手強化を目的として始められた同大会。幼年から準青年部門まで年齢別に分かれ約200人が出場し、日頃の練習成果を披露した。
 同連盟の大瀧多喜男理事は「小さい子供達が大勢参加してくれた」と目を細め、特に女子の存在感を強調した。
 「大人になってからだと恥ずかしがるが、小さい頃からなら廻しをはめるのに抵抗もない」と語り、将来的な五輪種目の認定を目指し、南米で女子相撲の強化を図りたい意気込みだ。
 女子相撲では、世界相撲選手権で二大会連続銀メダルを獲得したワタナベ・ルシアーナさんが、地元スザノ市で相撲教室を開き後継者育成に励む。同市から約40人の女子が参加したという。
 同日は個人戦・団体戦が行われ、男女ともに聖南西が総合優勝に輝いた。結果は以下の通り(敬称略)。
 【個人男子】幼年C=アルトゥール・デ・ナルジ、同B=ジョアン・デ・オリベイラ、同A=ギリェルメ・ヂニス、準青年=ブリアン・エンリケ・サントス、青年=ジョアン・パウロ・ヴィラウバ
 【個人女子】幼年C=アナ・ベアトリス、同B=レベッカ・サカシタ、同A=ヒングリッジ・ハルミ・スガワラ、準青年=アリシア・マリー、青年=ジョゼアニ・ヴィトリア
 【団体男子】幼年C=聖南西、同B=ノーヴァ・セントラル、同A=聖南西、準青年=聖南西A、青年=北
 【団体女子】幼年C、B、A=聖南西、準青年、青年=ノーヴァ・セントラル

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • 練習艦隊=しまゆき艦上で歓迎会開く=200人の日系人らと交流=乗組員が〃故郷〃楽しむ2015年8月11日 練習艦隊=しまゆき艦上で歓迎会開く=200人の日系人らと交流=乗組員が〃故郷〃楽しむ  【既報関連】聖州サントスに寄港した日本海上自衛隊の練習艦隊が停泊中の5~8日、艦内公開や日系社会との交流会など公式行事を行なった。6日夜には練習艦「しまゆき」で艦上レセプションが開催され、サンパウロなどから約200人の招待客が訪れた。同日朝には分散入港したリオから、中畑康 […]
  • 和やかに62年目の同船者の集い=57年9月6日着ルイス号2019年11月8日 和やかに62年目の同船者の集い=57年9月6日着ルイス号  1957年9月6日サントス港着のオランダ船「ルイス号」の同船者会が、10月27日(日)にサンパウロ市の文協ビル5階県連会議室で行われた。当日は18人が参加し、思い出を語り合った。  彫刻家の豊田豊さん、追田空海雄さんをはじめとしたサンパウロ市内在住者や、スザノ市の高 […]