ホーム | 文芸 | 刊行 | 梅崎さん「老人日記」を発刊=丁寧に綴った2年5ヵ月

梅崎さん「老人日記」を発刊=丁寧に綴った2年5ヵ月

梅崎さんと「老人日記」

梅崎さんと「老人日記」

 梅崎嘉明さん(95、奈良)がエッセイ「老人日記」を発刊した。全207ページ。刊行数は100冊、日毎叢書企画出版。
 梅崎さんの日記を読んだ友人から「おもしろいから本にしたら」と書籍化を勧められ、2016年5月から昨年12月までの日記をまとめた。
 1932年の渡伯から日記を書き続け、49年に聖市に移転してからは毎日執筆した。梅崎さんは「書籍化を決めてからは特に念入りに描きました」と微笑む。
 12冊目の著書となった本書では毎日の出来事や梅崎さんの所感が語られ、特に文芸会や短歌会の集まりがあった日には当日の発表作品に対する梅崎さんの感想や意見が述べられている。
 梅崎さんは1923年生まれ、32年にカフェランジアに入植。63年に歌集「四十の生」を出版し、66年に小説「左代の周辺」で第8回パウリスタ文学賞、04年「流氓」でコロニア文芸賞を受賞した。
 問合せは、梅崎さん(11・5058・0178)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 『西風』節目の第10号=田中慎二追悼特集など多数収録2019年10月30日 『西風』節目の第10号=田中慎二追悼特集など多数収録  西風会(せいふうかい)は10月に『西風』第10号を刊行した。節目を記念した特別号。  巻頭では、昨年9月に死去した田中慎二さんの一周忌をしのび、同氏の画文集『アンデスの風』から絵画とエッセイの一部を掲載。『西風』の装丁自体も田中氏が手掛けたもの。  現在、聖市のブ […]
  • 白旗諒子さん『お日さま』刊行=農業に励む花嫁移民の生きざま2019年10月11日 白旗諒子さん『お日さま』刊行=農業に励む花嫁移民の生きざま  イビウナ市在住の白旗諒子さん(76、長野県出身)が、今までに新聞などに寄稿した文章を抜粋して『お日さま』として日毎叢書企画出版からこの度刊行した。  白旗さんは、1943年7月に長野県に生れ、屋代南高校卒業後に埼玉県入間郡の精神薄弱児施設で保母見習いとして働いた。コ […]
  • 和歌山=県人移民100周年記念誌完成=400頁で30家族の歴史綴る2019年9月28日 和歌山=県人移民100周年記念誌完成=400頁で30家族の歴史綴る  ブラジル和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は22日の創立65周年式典内で、2017年から取り組んでいた『県人移民100周年記念誌』の発刊式を行った。  記念誌は全400頁フルカラーの大作。県人会の歴史、県人30家族の歴史、松原植民地の歴史などをまとめた。製作には宮坂国人 […]
  • 『ブラジル日系文学』第62号を刊行2019年8月30日 『ブラジル日系文学』第62号を刊行  『ブラジル日系文学』第62号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が7月に刊行された。  今号では、武本文学賞が今年で終わったことを受けて、国際日本文化研究センター教授の細川周平さんが『武本由夫賞の終わりを聞いて』を特別寄稿している。ブラジルの日本語文学史の専門家 […]