ホーム | 日系社会ニュース | 楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会

楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会

CILセイランジア校で講演後、参加者全員かわいいポーズで記念撮影【日本国大使館提供写真】

CILセイランジア校で講演後、参加者全員かわいいポーズで記念撮影【日本国大使館提供写真】

 「ブラジルかわいい大使」の松田明美さんが先月28、29日、ブラジリア大学と連邦直轄区言語センター(CIL)セイランジア校にて「カワイイ文化と日本語の醍醐味」と題した講演会を行った。日本大使館、国際交流基金主催。日本文化や日本語に興味を持つ非日系人が、両日併せて200人来場し、大いに盛り上がった。

ブラジリア大学での講演後、全員で記念撮影【日本国大使館提供写真】

ブラジリア大学での講演後、全員で記念撮影【日本国大使館提供写真】

 普段は日本語講師を生業とする松田さんだけに、講演では「カワイイ文化とは何か」という説明を通して、ポップカルチャーから学べる難しくない日本語があることを分りやすく説明した。
 日本語の文章を考える時の『松田流メソッド』を紹介し、参加者たちを惹きつけた。最後はディズニー映画主題歌「ありのままで」やアニメソング等、当地でも親しまれている曲を全員で歌って踊って楽しんだ。

ニッケイ祭りのブースで「もったいない」カードゲームを行う松田明美さん

ニッケイ祭りのブースで「もったいない」カードゲームを行う松田明美さん

 講演の後には参加者から「日本語の勉強をもっと続けたい」「日本語の勉強をやめていたけど、再度チャレンジしたい」等と感想があり、松田さんも感動したという。「ブラジリアは日本語を学びたいという意欲やパワーが強い。ぜひまた行きたい」と意気込みを見せていた。


□関連コラム□大耳小耳

 松田明美さんはサンパウロ市に戻ってからも、あちこちのイベントに参加。ニッケイ祭りでは舞台で歌ったり、自分のブースで日本語を交えたカードゲームで「もったいない」とは何かを楽しく知ってもらう工夫をするなど、様々な形で貢献している。9月には5回目となるイベント「MimiParty」を開催予定。世代を問わず日本語や日本文化を発信していく松田さんの活躍は今後も目を離せない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も2018年8月28日 『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も  日本国の成り立ちから四季折々の年中行事にいたるまで、日本の文化や風習を纏めた一冊『日本の年中行事(Eventos anuais do […]
  • 日本語教育=カンピーナス 鈴木マリア恵美子2015年9月23日 日本語教育=カンピーナス 鈴木マリア恵美子  8月26日(水)付のニッケイ新聞「オーリャ!」を興味深く読ませていただきました。「ブラジル人の友人と日本語・葡語の交換授業…互いの母語を教えあう…」とありましたが、「母語は話せても教えられない」というのが、かなしい現実ではないのでしょうか。 日本人でありながら、ブラジル人であ […]
  • 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成2015年8月13日 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成  サンパウロ大学(USP)や関係学会により、10~13日まで開催されている日本語教育に関する国際シンポジウム『EJHIB2015』の事前行事として日本語教師向けワークショップが9日、ニッケイパレスホテルであった。早稲田大学中川千恵子、東京大学大学院峯松信明両教授が講演を行った。 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]