ホーム | ブラジル国内ニュース | 元ミナス州知事=2審目でも有罪判決受ける=「ミナスのメンサロン」で

元ミナス州知事=2審目でも有罪判決受ける=「ミナスのメンサロン」で

 24日、ミナス・ジェライス州高等裁判所で、同州元知事のエドゥアルド・アゼレード被告(民主社会党・PSDB)の収賄容疑に対する2審審理が行われ、3対2で有罪となった。25日付現地紙が報じている。
 アゼレード氏は1998年に行われた同州知事選で、州立銀行や同州衛生公社(水道局)から再選のためのキャンペーン資金を受け取っていた。この贈収賄工作は、「ミナスのメンサロン」とか「ツッカーノ(PSDB)のメンサロン」と呼ばれていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ