ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連邦検察庁がマッジ農相を贈賄疑惑で告発=「捜査はとっくに打ち切られたはず」と農相は反発

《ブラジル》連邦検察庁がマッジ農相を贈賄疑惑で告発=「捜査はとっくに打ち切られたはず」と農相は反発

ブライロ・マッジ農相(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

ブライロ・マッジ農相(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 ブラジル連邦検察庁のラケル・ドッジ長官は2日、現職農相のブライロ・マッジ氏を、マット・グロッソ州知事時代の2009年に同州会計検査院(TCE)の人事に関わる贈賄事件に関与した疑惑で最高裁判所に起訴したと、2、3日付現地紙・サイトが報じた。
 訴状には、「マッジ氏はマット・グロッソ州知事の立場を利用し、州政府として業者と契約したように装って400万レアルもの公金を流用し、賄賂として使った」と書かれている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ