ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連邦検察庁がマッジ農相を贈賄疑惑で告発=「捜査はとっくに打ち切られたはず」と農相は反発

《ブラジル》連邦検察庁がマッジ農相を贈賄疑惑で告発=「捜査はとっくに打ち切られたはず」と農相は反発

ブライロ・マッジ農相(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

ブライロ・マッジ農相(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 ブラジル連邦検察庁のラケル・ドッジ長官は2日、現職農相のブライロ・マッジ氏を、マット・グロッソ州知事時代の2009年に同州会計検査院(TCE)の人事に関わる贈賄事件に関与した疑惑で最高裁判所に起訴したと、2、3日付現地紙・サイトが報じた。
 訴状には、「マッジ氏はマット・グロッソ州知事の立場を利用し、州政府として業者と契約したように装って400万レアルもの公金を流用し、賄賂として使った」と書かれている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • デカセギ子弟追ったドキュメンタリー映画=『孤独なツバメたち』=上映会を14日2012年3月9日 デカセギ子弟追ったドキュメンタリー映画=『孤独なツバメたち』=上映会を14日 ニッケイ新聞 2012年3月9日付け  静岡県浜松学院大学が制作したドキュメンタリー映画『孤独なツバメたち』(Andorinhas Solitarias)が14日午後4時から、文協ビル小講堂(Rua Sao Joaquim, 381, […]
  • 地下鉄工事のミスで州交通局の業務停止2010年3月26日 地下鉄工事のミスで州交通局の業務停止 ニッケイ新聞 2010年3月26日付け […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第38話2020年9月10日 中島宏著『クリスト・レイ』第38話 「まあ、それだけ徳川幕府のあせりと、西洋から来たキリスト教という宗教に対する脅威は、普通ではなかったということね。  ただ、一方で、そこまで根深く広がってしまったキリスト教を、そんなに易々と絶やすわけにはいかなかったのも事実ね。これに対するキリスト教の信者たちの抵抗は、幕府が […]
  • コラム 樹海2010年1月15日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2010年1月15日付け […]
  • 樹海2014年8月16日 樹海  犯罪教唆、暴力な犯罪集団の組織、不服従。この三つの罪が晴れていない原野秀樹さんの裁判はこれからも続くが、あったことを証明するより、「無かったことを証明する」方が難しいことは想像できる。記者会見で彼は「これからが戦い」と表情を引き締めていたが、釈放はゴールではなく、むしろス […]