ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボルソナロ急転PL入りか?=2年の無所属状態に終止符=党首はメンサロンの服役者=セントロン化一段と加速へ

《ブラジル》ボルソナロ急転PL入りか?=2年の無所属状態に終止符=党首はメンサロンの服役者=セントロン化一段と加速へ

ボルソナロ大統領(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

  ボルソナロ大統領が8日、所属政党を自由党(PL)にすることを「99%決めた」と発言した。同党は中道勢力「セントロン」のひとつで、党首のヴァルデミール・コスタ氏はメンサロン事件での収賄罪で実刑判決を受け、服役した人物だけに、汚職撲滅をうたってきたボルソナロ氏の主張と矛盾する結果となりそうだ。8、9日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ