ホーム | 日系社会ニュース | SC病院=石川理事長が3期目続投=「継続的な発展目指す」

SC病院=石川理事長が3期目続投=「継続的な発展目指す」

石川理事長

石川理事長

 サンタクルス病院(HSC)評議委員会が先月末に行なわれ、石川レナト氏が理事長に再任された。3期目の続投となり、任期は2021年までの3年間。
 石川氏は1998年からブラジルNEC代表取締役社長を務めた経営手腕が買われ、12年に理事長に抜擢された。経営改革により財政再建を進めるなど顕著な実績を上げ、昨年11月にはサンパウロ州議会から名誉功労章を受章した。
 就任挨拶に臨んだ石川氏は、「理事会が負う責任は熟知している。だが、我々がその継続的発展に責任を負い、病院のためにより多くのことを共にやっていけると非常に前向きだ」と述べた。
 これまでの任期を振り返り、「第一期目から成長に向けた経営安定化を目指し、目標を達成してきた。皆さんのご協力を得て、ここ数年のうちに病院が発展したことを誇りに思っている」と謝意を滲ませた。
 理事会役員は以下の通り。(敬称略)
【理事長】石川レナト【第一副理事】佐藤マリオ【第二副理事】二宮正人【第一財務理事】ツジ・マルセロ【第二財務理事】秀島マルセロ【第一経営理事】ウィウソン・メンデス・ダ・ヴェイガ【第二経営理事】ワタナベ・サンドラ・ヒロコ【マーケティング理事】太田レオ・ススム【第一補充理事】パウロ・マルセロ・レ【第二補充理事】マツモト・ミゲル【第三補充理事】ニシクニ・コシヒロ

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「中南米日系社会とともに歩む」=JICA広報誌mundi2020年10月17日 「中南米日系社会とともに歩む」=JICA広報誌mundi  独立行政法人国際協力機構(JICA)が毎月発行する広報誌『mundi(ムンディ)』10月号(22ページ)が発刊された。今号は「中南米 日系社会とともに歩む」特集で、様々な角度から南米と日本の関係を、日系社会を軸に紹介している。  北米・南米を中心に推定360万人以上 […]
  • ジャパンハウス20日に再開館=サンタ・クルス病院から感染対策助言受け=ファッション、写真の2展覧会で2020年10月14日 ジャパンハウス20日に再開館=サンタ・クルス病院から感染対策助言受け=ファッション、写真の2展覧会で  9日、州政府が外出自粛規制緩和レベルを「5段階中の4段階目」を示す「緑」への引き上げに伴い、サンパウロ市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は20日(火)から営業を段階的に再開することを発表した。営業時間は火曜日から日曜日の11時~17時ま […]
  • ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 田中敬吾(たなか けいご)さん2020年10月14日 ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 田中敬吾(たなか けいご)さん  元サンパウロ新聞社会部次長(デスク)の田中敬吾さんが10日夜11時半、入院先のサンタクルス病院で急性腎不全のために亡くなった。行年89歳。通夜と葬儀は11日に親族だけで執り行った。四十九日法要は11月28日(土)10時から別院日伯寺(Av. Paula […]
  • 文協=ウェビナー「新しい日常」=東京とサンパウロ比較=コロナ対策互いに参考に2020年10月9日 文協=ウェビナー「新しい日常」=東京とサンパウロ比較=コロナ対策互いに参考に  ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は10月1日午前8時半から、『新しい日常:東京の取り組みサンパウロの取り組み』をテーマにウェビナーを開催した。「ブラジルの行政の進め方や国民の行動に少しでも参考になる機会となれば」と、在伯日本大使館(山田彰大使)、サンパ […]
  • 「新しい日常」講演1日=日伯専門家招きウェビナー2020年9月30日 「新しい日常」講演1日=日伯専門家招きウェビナー  ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は10月1日(木)午前8時半から10時(ブラジル時間)にかけて「新しい日常:東京の取り組みサンパウロの取り組み」をテーマにウェビナーを開催する。  在日本大使館(山田彰大使)、サンパウロ州政府、サンタクルス病院(石川レ […]