ホーム | 日系社会ニュース | SC病院=石川理事長が3期目続投=「継続的な発展目指す」

SC病院=石川理事長が3期目続投=「継続的な発展目指す」

石川理事長

石川理事長

 サンタクルス病院(HSC)評議委員会が先月末に行なわれ、石川レナト氏が理事長に再任された。3期目の続投となり、任期は2021年までの3年間。
 石川氏は1998年からブラジルNEC代表取締役社長を務めた経営手腕が買われ、12年に理事長に抜擢された。経営改革により財政再建を進めるなど顕著な実績を上げ、昨年11月にはサンパウロ州議会から名誉功労章を受章した。
 就任挨拶に臨んだ石川氏は、「理事会が負う責任は熟知している。だが、我々がその継続的発展に責任を負い、病院のためにより多くのことを共にやっていけると非常に前向きだ」と述べた。
 これまでの任期を振り返り、「第一期目から成長に向けた経営安定化を目指し、目標を達成してきた。皆さんのご協力を得て、ここ数年のうちに病院が発展したことを誇りに思っている」と謝意を滲ませた。
 理事会役員は以下の通り。(敬称略)
【理事長】石川レナト【第一副理事】佐藤マリオ【第二副理事】二宮正人【第一財務理事】ツジ・マルセロ【第二財務理事】秀島マルセロ【第一経営理事】ウィウソン・メンデス・ダ・ヴェイガ【第二経営理事】ワタナベ・サンドラ・ヒロコ【マーケティング理事】太田レオ・ススム【第一補充理事】パウロ・マルセロ・レ【第二補充理事】マツモト・ミゲル【第三補充理事】ニシクニ・コシヒロ

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • HSC=プラザッキからプレベントに=契約移転後も条件変わらず2021年1月27日 HSC=プラザッキからプレベントに=契約移転後も条件変わらず  サンタクルス病院(HSC、石川レナト理事長)は、プラザッキ(Plasac、サンタクルス医療保険契約)の運営を、サンタクルス日伯慈善協会から民間健康保健会社のプレベント・セニョール(Prevent […]
  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]
  • ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去2020年12月11日 ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去  元商社マンで元本紙営業部長、南米浄土真宗本願寺(西本願寺)の僧侶としても活動していた中野超証((ちょうしょう)晃治(こうじ))さんが、10日午前11時頃、心臓発作のためサンパウロ市内のサンタクルス病院で亡くなった。行年84歳。  中野さんは広島県出身。1958年にコ […]
  • 秋の叙勲=多彩な分野から12人受勲=安部元下議、山村氏、ヨコタ氏ら=音楽、交流、金融、学術など2020年11月4日 秋の叙勲=多彩な分野から12人受勲=安部元下議、山村氏、ヨコタ氏ら=音楽、交流、金融、学術など  日本政府は秋の叙勲受章者を3日に発表した。ブラジルからは邦人叙勲5人、外国人受勲7人の12人が受勲した。受勲者と功績は次の通り。(敬称略)   【日本国大使館推薦叙勲受章者】 〈邦人叙勲〉 ▽平駒治(89)=旭日双光章=元ブラジリア日伯文化協会会長、 […]
  • ジャパンハウスすでに再開=衛生強化、段階的に営業拡張2020年10月28日 ジャパンハウスすでに再開=衛生強化、段階的に営業拡張  20日(火)、聖市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が再開された。政府衛生局が示す感染対策ガイドラインを遵守した上で、サンタクルス病院の感染症課へ指導を依頼して更なる安全強化へ取り組んでいる。  前日の19日には、ユクルッグ館長やナター […]