ホーム | ブラジル国内ニュース | アエシオ=裁判案件のひとつが地裁へ=MG州知事時代のカルテル疑惑

アエシオ=裁判案件のひとつが地裁へ=MG州知事時代のカルテル疑惑

 連邦議員に対する法的特権(フォロ・プリヴィレジアード・FP)の改正により、14年の大統領選次点のアエシオ・ネーヴェス上議(民主社会党・PSDB)の抱える裁判の内のひとつが地裁に回された。9日付現地紙が報じている。
 8日、最高裁のアレッシャンドレ・デ・モラエス判事は、アエシオ氏がミナス・ジェライス州知事時代(2003~10年)に行った州庁建築工事におけるカルテル形成に参加した容疑に関する裁判を、ミナス・ジェライス州地裁に回した。この疑惑は、ラヴァ・ジャット作戦でのオデブレヒト社の報奨付供述で浮上したものだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ