ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(94)

どこから来たの=大門千夏=(94)

 「横に座っていいかしら」突然、片手に本を持った女学生が声をかけてきた。
 ベンチの端に肩から荷物を下ろすと腰かけて、教科書をとりだして読み始めた。化粧気はなく黒い髪をまっすぐ長くのばし、日本人に良く似た顔。私の事が気になるらしい。
 「中国人ですか?」
 「いいえ、日本人よ」
 「どこから来たの?」
 「ブラジルからよ」
 「それでスペイン語が判るのね」
 「ポルトガル語ならもっと判るけど」
 「もう観光したの?」
 「そこの太陽の神殿をみたわ」
 「素晴らしいでしょう、十二角形の石も見た?」
 「見たわ、すごい腕ね。世界中探してもあんなことできる人はいないわ」
 「見るところはたくさんあるわよ、何日ここにいるの?」
 「そうね一週間くらいかな」
 それから、むだ話を三〇分くらいして、彼女は聞いた。
 「どこに泊まっているの?」
 「そこのサン・アウグスチン・ホテル」
 「聞いてよいかしら? 私、あのホテルの横を毎日通るの、ホテル代っていくら位するものなの?」
 「八〇ドル」
 「えっ、うっそ!」
 「本当よ」
 「まさか! 信じられない。ドロボーみたい」
 「私の従兄がペンションをやっているの、ずっと安いわよ」
 「へー」
 「すぐ近くよ、紹介するわ。いくらなんでも高すぎる」彼女は赤い頬を更に赤くして盛んに一人で興奮して言った。
 「一緒に行ってみない? 案内するわ従兄のホテル。絶対に安いから」
 彼女は客引きかな? それとも詐欺かドロボーか、でも退屈していた私にはおしゃべり相手に丁度良い。
 並んで歩きながら、ちらちらとこの女を観察する。話し方や、身のこなしは素直で悪い人ではないようだ。名前はビアーネと言った。
 従兄のホテルは想像していたより大きく看板が出ている。ここの主人は善良そうで素朴な親しみのもてる、いかにもインカの末裔といった感じ。従妹のビアーネとは本当に親戚らしい。
 私に部屋を見せてくれた。
 サン・アウグスチン・ホテルより部屋は広く、カラーテレビ付き、トイレ、ホットシャワー付き、(安ホテルは気を付けないと水しか出ない)一泊一五ドル。
 私はすっかり気に入って、さっそくここに引っ越しすることに決めた。(一人で旅をしていると、その日の気分で転々と宿を変える、行き先をかえる癖が身についてしまっているのだ。)
 翌朝ビアーネはサン・アウグスチン・ホテルに迎えに来てくれて、タクシーをと言っても「とんでもない、もったいない」と言ってガラガラとトランクを引っ張って、でくれた。
 お礼に今夜一緒に食事しましょうと言うと、「友達と一緒でもよいかしら」と聞いた。
 「勿論いいわよ」
 それを聞くと嬉しそうな顔をして、さあこれから授業だと言って急いで帰って行った。
 夕方向こうから質素な身なりの若い娘が三人連れでやってきた。恥ずかしそうにもじもじとして、なかなか私と挨拶ができない。いかにも初心な御嬢さんたち。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(97)2018年5月17日 どこから来たの=大門千夏=(97)  午後から博物館に行ったがここにも何もない。こんなに文明文化のない国を見たのは初めてだ。  しかし、考えてみると一六世紀から三三〇年間スペインの植民地になり、其のあと五〇年間アメリカの植民地になった。独立できたのは一九四六年である。自国の文化を持つ余裕などなかった。求める私の […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]