ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本映画『Esplendor(彼らが本気で編むときは)』(荻上直子監督、生田斗真主演、2017年)の上映が、聖市映画館(Reserva Cultural、Caixa Belas Artesなど5館)で今週末から始まった。ポ語字幕。主人公はトランスジェンダー(性同一性障害)で、テーマは編み物。差別や育児放棄を含む社会問題を描きながら、LGBTと家族の在り方を問う作品とのこと。
     ◎
 エスタード紙によれば聖市セントロに11日、「Tokyo」が現れた。レプブリカ公園近くの繁華街、イタリアビルのすぐそばに立つ古い9階建てのビル(Rua Major Sertorio, 110, Vila Buarque)に〃日本風〃のバー、カラオケ、レストランなどが結集して11日に再オープンしたという。なんでも、マンガやアニメに加え、SF映画の金字塔『ブレードランナー』や、東京を舞台にして死者の魂を扱った仏映画『エンター・ザ・ボイド』をイメージした内装が施されているとか。ブラジル人が想像する東洋に興味のある方は、足を運んでみたら?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • ■今週末の催し2018年10月11日 ■今週末の催し  12日(金曜日)  日本移民110周年記念陸上大会、午後1時、バス・ギマランエス競技場(Rua Manoel da Nobrega, 1361)、土曜午前7時半・日曜午前8時      ◎  北海道安平町震災支援イベント、午前11時、北海道協会会館(Rua […]
  • 大耳小耳2017年12月15日 大耳小耳  国際交流基金が、2018年カレンダー作成にあたり応募していた絵画コンテストの結果が、このほど発表された。ブラジルの小中高等学校で、日本語を学ぶ生徒を対象に、17年前から行ってきた同コンクール。18年カレンダーは「ブラジル日本移民110周年 共に!」をテーマに行われ、全伯43校 […]
  • 大耳小耳2017年6月14日 大耳小耳  聖市の三重県人会(Av. Lins de Vasconcelos, 3352, Vila […]
  • 大耳小耳2017年5月26日 大耳小耳  サンリオ・ド・ブラジル社が26~29日まで聖市のエキスポ・センター・ノルテ(Rua Jose Bernardo Pinto, 333, Vila […]