ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》文協文化祭り=在日ブラジル人デボラさんが講演=62万登録の人気ユーチュバー

《ブラジル》文協文化祭り=在日ブラジル人デボラさんが講演=62万登録の人気ユーチュバー

ファンに向け講演するデボラさん

ファンに向け講演するデボラさん

 在日ブラジル人有数のユーチューバーで、なんとブラジル内など62万人以上がチャンネル登録をするデボラ・フッツさん(Déborah Hudz、23、三世)が20日、文協の文化祭りで講演した。会場となった250人収容の小講堂は、デボラさん見たさに集まったファンで一杯になり、立ち見客が出るほどの人気ぶりとなった。

 デボラさんは日本でうまれ育った日系子弟。17歳から動画視聴サイトYoutubeに動画の投稿をはじめ、日本の生活習慣の特徴やブラジルとの違いなどを、面白おかしく知らせる10分程度の自作動画をポ語で撮影・投稿し、大人気を博している(https://www.youtube.com/user/LikeAPrincesz)。
 「日本でやってはいけないこと」「ポ語に聞こえる日本語」「日本の変な食べ物」などをテーマに日本文化や習慣を楽しく紹介し、今ではチャンネル登録者数は約62万人を超える。
 中でも「日本の学校でやってはいけないこと」は451万回も再生されるなど、ナマの日本の生活をポ語で伝える伝道師として活躍、「今年中に100万人を超えたい」と意気込んだ。
 登壇したデボラさんには熱烈なファンから拍手と歓声が贈られた。
 デボラさんはさっそく日本とブラジルのコーヒーの違いや電車内の物売りなど、今回ために書き留めた「ブラジルで驚いたこと」を紹介。日本育ちのブラジル人ならではの今のブラジルの生活に驚いた話が続々と語られ、笑いの波がひっきりなしに起きた。
 両国の国歌の違いを語ったデボラさんは、「実はまだブラジル国歌の歌詞を覚えていないけれど、ブラジルの国歌が大好き。サッカーの試合がテレビで放送されたとき、ブラジルの選手が歌っているのを聴いて、なぜか泣いてしまうほど」と語り、会場のファンを喜ばせた。
 講演後の質疑応答ではひっきりなしに熱心な質問が寄せられた。自殺の名所「青木ヶ原樹海」を訪問したデボラさんの経験談に触発され、日本人の自殺者の多さに関する質問も寄せられた。
 講演終了後は写真撮影会となり、彼女の前にファンが行列ができた。中にはウクレレを持参しデボラさんにブラジル国歌を歌って贈る人も。
 デボラファンの2人の孫と講演を聞いていたエヂナ・マリア・アウカンタラさん(63)は、「彼女はとても賢く、話し方も上手で好き。思春期の孫も外国の文化に触れることができて、彼女らの世界が広がるのでは」と語った。
 デボラさんは4月から一時帰国中で、来月再び日本に戻る予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • コロニア10大ニュース=1位はアマゾン移住90周年=平成から令和へ日系社会も祝賀2019年12月27日 コロニア10大ニュース=1位はアマゾン移住90周年=平成から令和へ日系社会も祝賀  今年の日系社会で大きな節目だったのは、アマゾン日本人移住90周年だ。現地からの声を、今年後半、本紙ではできる限り紙面に掲載した。9位にある通り、県人会や各日系団体の周年行事も多かった。6位の「日本語教育推進法」は新年から実施され、その効果の程がいよいよ判明する。母県から助けて […]
  • 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い2019年8月17日 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い  一向に解決の兆しを見えないベネズエラの深刻な政治危機、経済危機による難民流入が発生しているブラジル最北のロライマ州で、ユニセフと非政府団体のヴィザン・ムンディアルが共同運営するスポーツ学校が、サッカー、バレーボール、チェスなどのクラスを開催し、5歳から17歳までのベネ […]
  • ブラジル政府=日本人観光客もっと来て!=6月17日からビザ免除=コパ・アメリカ日本戦初日2019年3月20日 ブラジル政府=日本人観光客もっと来て!=6月17日からビザ免除=コパ・アメリカ日本戦初日  日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアからブラジルへの観光・短期商用等を目的とする訪問者に対するビザ(90日間)が、6月17日から免除されることになった。訪米中のボルソナロ大統領は18日に大統領令に署名した。今回対象となる4カ国について、すでにリオ五輪期間限定でビザ免 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]