ホーム | イベント情報 | 日系現代美術作家展=在聖総領事館で4日から

日系現代美術作家展=在聖総領事館で4日から

案内のため来社した安楽助手、酒井美術副委員長、豊田さん

案内のため来社した安楽助手、酒井美術副委員長、豊田さん

 文協美術委員会(金子謙一委員長)が日本移民110周年記念展として、2~4世の若手作家の作品を集めた『日系現代美術作家展』を6月4~13日の間、在聖総領事館の多目的ホール(Av. Paulista, 854, 3º andar)で開催する。午前10時から午後5時まで、土日休館。
 間部ダンさん、吉沢太さんなど若手作家19人のほか、豊田さん、若林一男さんなど戦後移民の作家も。4日午後5時からは展示場内で記念式典も行われる。
 案内のため来社した豊田豊さん、酒井町子副委員長、安楽香織助手は「110周年の節目に若い作家の参加で文協の展覧会を良いものにしたい。今回の展覧会で若い日系現代美術グループの全容を知ってもらえれば」と語り、来場を呼びかけた。
 入場無料だが、入館の際に身分証明書が必要となる。また、13日のみ午後3時まで開場。
 問合せは、総領事館(11・3254・0100)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ