ホーム | イベント情報 | 江差追分・道南口説大会、10日=日本行きの切符は誰の手に

江差追分・道南口説大会、10日=日本行きの切符は誰の手に

来社した一行

来社した一行

 江差追分会ブラジル支部(石川諭支部長)は『第29回江差追分ブラジル大会』と『第18回道南口説節コンクール』を、10日午前9時から宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で開催する。入場無料。
 約70人の民謡愛好者が日頃鍛えた喉を披露する。年齢別に17歳まで、18~64歳、65歳以上の3つに分かれ、選抜された10人が北海道江差町で催される『第56回江差追分全国大会』への出場権を争う。
 海藤司副支部長によれば「江差追分は規則通りに歌わなくてはいけないという難しさがある。規則に忠実な初心者が優勝しやすい一方、人それぞれに味があるのが面白いところ」と魅力を語る。
 案内のため来社した海藤副支部長、松浦アントニオ監事、小松久仁子会計、玉那覇ヴィニシウスさんは「来年は記念すべき第30回大会。当地では通信教育が主流になってきており、日本の先生から直接教えてもらえるようにして更なるレベル向上を図りたい」と意欲を語り、「普段馴染みのない方も是非来て頂ければ」と呼びかけた。
 問合せは、海藤さん(12・8125・0018)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]