ホーム | イベント情報 | 今週末、石川県人会文化祭=絵手紙と生花のワークショップ

今週末、石川県人会文化祭=絵手紙と生花のワークショップ

来社した皆さん

来社した皆さん

 石川県人会(森永ジェラルド会長)は『第19回文化祭』を9、10の両日午前10時から午後5時まで、聖市の同会館(Rua Tomas Carvalhal, 184)で開催する。入場無料。
 同県人会内の水彩画、絵手紙、陶芸、生け花など文化教室の生徒作品を展示する。謡曲、能楽も披露される。
 絵手紙と生花のワークショップが開催され、絵手紙は両日とも午前10時から午後5時まで。生花は土曜のみ正午から午後5時まで。また、土曜はおにぎりと鳥の串焼きが入った弁当や餅が販売される。
 水彩画は14人が27作品を展示。コットン製の画用紙と輸入した絵の具を使った本格的な作品が並ぶ。講師の脇坂グラシエラさんは「1年間の成果を発表します」と話した。
 来社した森永会長、脇坂さん、絵手紙の西谷律子さん、陶芸の古田敏子さんは「石川県人会は日ごろから文化教室に力を入れています。ぜひ子や孫を連れて楽しんでください」と呼びかけた。
 開会式は9日午前10時から。問合せは、同県人会(11・3884・8698)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ