ホーム | ブラジル国内ニュース | W杯で御用!=ブラジル戦会場で逃亡中の強盗犯捕まる=盗んだ金でサッカー観戦が仇となる

W杯で御用!=ブラジル戦会場で逃亡中の強盗犯捕まる=盗んだ金でサッカー観戦が仇となる

 ブラジル連邦警察は22日、サッカーW杯のブラジル対コスタリカ戦が行われた、ロシアのサンクトペテルスブルグ市のスタジアムで、昨年3月にブラジル国内で発生した郵便局強盗事件の容疑者で、逃亡犯扱いとなっていた、ブラジル人男性ロドリゴ・ヴィセンチーニ(31)を逮捕したと、同日付ブラジルニュースサイトが報じた。
 ヴィセンチーニは昨年3月22日、エスピリトサント(ES)州イタラーナ市の郵便局で発生した強盗事件の容疑者で、同州第1連邦刑事法廷が逮捕状を出していた。同容疑者のブラジルへの移送の日時は決まっていない。
 ヴィセンチーニは逮捕された時、イタリアのパスポートを所持していたとブラジル連警は発表した。ヴィセンチーニの名は国際警察インターポールの通称〃赤いリスト〃に載っていた。同リストに名前がある容疑者は、ロシアでも逮捕が許されている。
 ブラジルニュースサイトがES州連邦法廷に公式サイトを通して質問して得た情報によると、現地では、ヴィセンチーニには弁護士がついていない。
 ヴィセンチーニを逮捕したブラジル人の連邦警察官は、モスクワの国際警察協力センターに送られたメンバーだった。ブラジル代表(セレソン)が試合を行うスタジアムで、今回のようなブラジル人の指名手配犯を発見したり、ブラジル人による犯罪を食い止めたりする事が彼らの任務だ。
 連警調査官によると、逮捕されたヴィセンチーニは、イタラーナ市の郵便局から2万6千レアル以上を奪った実行犯3人の内の1人だ。この3人は同じ日に、同じES州内のジョアン・ネイヴァ市の郵便局を襲撃する計画も持っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 《ブラジル》ショッピングセンター、ストとW杯で客数減少=ブラジル代表の試合日は早仕舞い2018年7月4日 《ブラジル》ショッピングセンター、ストとW杯で客数減少=ブラジル代表の試合日は早仕舞い  ブラジルショッピングセンター協会(Abrasce)の最近の発表によると、今年5月に同協会加盟の570以上のショッピングセンターを訪れた客の数は、昨年5月より平均2・3%減少したと、3日付現地紙が報じた。  ショッピングセンターを訪れた客数は、今年1月から4月まで連続で前年同 […]
  • 《サンパウロ州》麻疹に対する注意を勧告=W杯現地観戦者が感染の可能性も2018年6月16日 《サンパウロ州》麻疹に対する注意を勧告=W杯現地観戦者が感染の可能性も  サンパウロ州保健局は13日、州内でサランポ(麻疹、はしか)が再発する危険性に関する注意勧告を発した。15日付現地紙が報じている。  サランポは1968年に、感染者が認められたら保健当局に報告が必要な病気の一つに定められ、以後、約30年にわたって撲滅に向けた努力が続いた。サン […]
  • セレソン=CL優秀選手に4人選出=W杯直前に自信深める2018年5月29日 セレソン=CL優秀選手に4人選出=W杯直前に自信深める  27日、チャンピオンズ・リーグ(CL)終了で今季の公式戦の日程を終えた欧州サッカー連盟が、CL優秀選手を発表し、そこにブラジルから4選手が選ばれた。  選ばれた選手、18人は以下のとおりだ。  〈ゴールキーパー〉ナヴァス(レアル・マドリッド)、アリソン(ASローマ)   […]