ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》J&Fの司法取引取り消しか?=社主や元検察官の起訴受け=判断は最高裁の大法廷で

《ブラジル》J&Fの司法取引取り消しか?=社主や元検察官の起訴受け=判断は最高裁の大法廷で

ジョエズレイ氏らの司法取引無効化はテメル大統領の肩の荷を少しは軽くするか(参考映像、Cesar Itiberê/PR)

ジョエズレイ氏らの司法取引無効化はテメル大統領の肩の荷を少しは軽くするか(参考映像、Cesar Itiberê/PR)

 検察庁からのJ&F社の報奨付供述(司法取引)取り消し要請の審理を、エジソン・ファキン最高裁判事が27日に最高裁大法廷に回す事にしたと27、28日付現地紙やサイトが報じた。
 当時現職だった検察官が同社役員らの報奨付供述を違法に手伝い、報酬も受け取ったとされる案件だ。違法なやり方でされた報奨付供述であり、その司法取引自体を取り消すかどうかの有効性判断が問われている。同検察官とJ&F社役員が25日に起訴された後に、大法廷で扱うとのこの判断は下された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ