ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》組合税廃止、最高裁で決定=「憲法に抵触せず」と判断

《ブラジル》組合税廃止、最高裁で決定=「憲法に抵触せず」と判断

組合税廃止の是非を議論する最高裁(José Cruz/Agência Brasil)

組合税廃止の是非を議論する最高裁(José Cruz/Agência Brasil)

 昨年11月11日に改正労働法が施行されてから、法解釈を巡る争いは絶えることがなかったが、最も多く論争を引き起こしていた、組合税の徴収に関する問題が、6月29日に最高裁大法廷で決着を見た。判事投票6対3で「組合税(の強制徴収)廃止は憲法に抵触しない」との結論が出たと、6月30日付現地各紙が報じた。
 同件では、ルイス・フクス、アレシャンドレ・デ・モラエス、ルイス・ロベルト・バローゾ、ジウマール・メンデス、マルコ・アウレリオの各判事とカルメン・ルシア長官が組合税の強制徴収廃止に賛成。報告官のエジソン・ファキン、ローザ・ウェベル、ジアス・トフォリの3判事が同税の強制徴収廃止に反対した。リカルド・レヴァンドフスキ、セルソ・デ・メロ両判事は欠席した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 「共生」テーマにセミナー=日本から長谷川さんが参加=ビエンナーレ2006年8月4日 「共生」テーマにセミナー=日本から長谷川さんが参加=ビエンナーレ 2006年8月4日付け  「第二十七回サンパウロ・ビエンナーレ」が十月から開催されるにあたり、現在、今年の総合テーマ「どのように共生するか‐How to live […]
  • 第2回日伯合同油絵展=マリンクラブが総領事館で2003年11月21日 第2回日伯合同油絵展=マリンクラブが総領事館で 11月21日(金) […]
  • 友好病院から2医師訪日=心臓分野の最先端学ぶ2008年9月13日 友好病院から2医師訪日=心臓分野の最先端学ぶ ニッケイ新聞 2008年9月13日付け  二十二日から十月二十二日まで、援協経営の日伯友好病院で働くファビオ・アントニオ・ガイオット医師(心臓外科・38)と瀧谷朋子エリザベッチ医師(心臓内科・48)が訪日し、日本の大学で技術研修に励む。 […]
  • 大耳小耳2008年7月19日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年7月19日付け […]
  • 東西南北2013年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年11月22日  サンパウロFCの主将で同チームの歴史上に残る選手でもあるロジェリオ・セニ(40)が、20日のモルンビ・スタジアムでの南米杯準決勝第1戦、対ポンテ・プレッタ戦で、ペレが持っていた「同一クラブでの最多試合出場」記録、1116試合に並んだ。19 […]