ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■新井知里さん

■訃報■新井知里さん

 ブラジル熟年クラブ連合会会報で短歌選者を務めていた新井知里さんが3日午後11時半、自宅で入浴中に心臓麻痺で亡くなった。享年80歳。
 1938年1月17日長野県生まれ。61年に渡伯した。コロニア屈指の短歌・俳人で、NHK全国俳句大会や海外日系文芸祭などで何度も入賞した。
 96年には宮中歌会始に「しその苗抱いて帰りて水やれば日本がそこに舞ひ降りてくる」という作品で見事入選し、宮中に招かれた。11年には夫・均さんとの共著『国二つ背負いて』を出版。エッセイや新井さんの短歌が収録されている。
 葬式は4日に東本願寺で行われ、その後ヴィラ・アルピーナの墓地に火葬された。初七日法要は9日に同寺で行った。四十九日法要は8月19日午前11時、東本願寺(Av. do Cuisino, 753 – Jardim da Saude)を予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ