ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国家公務員年金=補完年金への切り替え進まず=情報少なく、二の足踏む公務員

《ブラジル》国家公務員年金=補完年金への切り替え進まず=情報少なく、二の足踏む公務員

 行政府では2013年2月、立法府では同年5月より前に採用された国家公務員に対して、既存の年金制度(RPPS)から補完年金制度(RPC)への切り替えをブラジル連邦政府が呼びかけていたが、締め切り間際になっても応募者が少ないと、25日付現地紙、サイトが報じた。
 国家公務員補完年金財団(Funpresp)は20万人が応募すると見込んでいたが、企画省によると、今月20日までの応募者は5千人未満で、計画の2%程度に止まっているという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ