ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁が警察の司法取引締結権を審理=判事間は「条件付了承」支持=検察側はヒエラルキー主張も

《ブラジル》最高裁が警察の司法取引締結権を審理=判事間は「条件付了承」支持=検察側はヒエラルキー主張も

マルコ・アウレーリオ判事(Carlos Humberto/SCO/STF)

マルコ・アウレーリオ判事(Carlos Humberto/SCO/STF)

 13日、最高裁で、連邦警察や市警に、捜査対象となっている人物や企業との司法取引をまとめる権限を与えることが妥当か否かの審理が行われた。最終的な判断はまだ出ていないが、現時点での判事投票では6対1で「認め 13日、最高裁で、連邦警察や市警に、捜査対象となっている人物や企業との司法取引をまとめる権限を与えることが妥当か否かの審理が行われた。最終的な判断はまだ出ていないが、現時点での判事投票では6対1で「認める」が優勢となっている。14日付現地紙が報じている。
 同件の審理は、前検察庁長官のロドリゴ・ジャノー氏からの訴訟に基づいて行われている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ