ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「エルサレムにはブラジルの商務事務所を」=ボウソナロ大統領が弁を翻す=イスラム諸国は態度を保留

《ブラジル》「エルサレムにはブラジルの商務事務所を」=ボウソナロ大統領が弁を翻す=イスラム諸国は態度を保留

 イスラエル訪問を直前に控えたボウソナロ大統領は28日、テルアビブからエルサレムにブラジル大使館を移転させるのかと問われ、「エルサレムには商務事務所を置くことになるだろう」と語ったと29日付ブラジル各紙が報じた。同発言は、これまでの「ブラジル大使館をエルサレムに移す」からの姿勢変更を示すものだ。

 エルサレムは、イスラエルとは敵対関係にあるアラブのイスラム諸国にとっても重要な意味を持つ都市だ。そこをユダヤ教国イスラエルの首都と認めることは、ブラジルとアラブ諸国の関係を極度に悪化させる恐れがあるため、当初の方針を若干変更した格好だ。

 エルサレムへの大使館移転は大統領の選挙公約で、支持基盤の一つ、キリスト教福音派の要請でもある。

 福音派議員のマルコ・フェリシアーノ下議(ポデモス)は、「アラブ諸国から理解を得るまでの妥協案としてなら、商務事務所の開設も理解できる」と語っている。

 ブラジルは現在、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区のラマッラー市、台湾、ニューヨーク市の3カ所に商務事務所をおいている。ニューヨークは商務だけを担当しているが、ラマッラー、台湾は、外交上、公式に首都と認めづらい地域でのブラジルの在外公館的役割も担っている。

 アラブ諸国は、ボウソナロ大統領の出方を慎重にうかがっており、ボウソナロ大統領が実際にイスラエルを訪問する前の声明発表を控えている。また、アラブ・ブラジル商工会議所も28日現在では、何のコメントも出していない。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ