ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》はしか患者が99%減少=マスク着用などが思わぬ効用

《サンパウロ州》はしか患者が99%減少=マスク着用などが思わぬ効用

マスク着用ではしかが激減と報じる25日付アジェンシア・ブラジルの記事の一部

 サンパウロ州政府によると、今年ははしかの患者が激減しており、新型コロナの感染拡大で導入されたマスク着用などの防疫策が思わぬところで効用を示したと25日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年11月8日 東西南北  サンパウロ州市警が6日朝、大サンパウロ市圏マイリポランで、45歳のジョゼ・エジウソン・デ・オリヴェイラ容疑者を誘拐ならびに強姦の疑いで逮捕した。同容疑者は5日夜7時頃、学校から帰宅中の13歳の少女をナイフで脅し、仕事先の農園で1度、車の中で2度強姦した後、少女を縛ってゴミ […]
  • 《ブラジル》北東部の雨まだ止まず=レシフェ市では新たな死者2017年6月2日 《ブラジル》北東部の雨まだ止まず=レシフェ市では新たな死者  【既報関連】5月最後の週末からの強い雨で、ペルナンブコ州やアラゴアス州では大きな被害が出ているが、5月31日も強い雨が降ったレシフェ市では土砂崩れで新たな死者も出たと1日付現地紙サイトが報じた。  ペルナンブコ州都のレシフェ市では、5月31日未明からの6時間で8日分の雨を記 […]
  • パジーリャ保健相=父親絡みの団体に巨額支給=発覚後にすぐに契約解約へ=サンパウロ州知事選前に思わぬ疑惑2014年2月1日 パジーリャ保健相=父親絡みの団体に巨額支給=発覚後にすぐに契約解約へ=サンパウロ州知事選前に思わぬ疑惑 ニッケイ新聞 2014年2月1日 サンパウロ州知事選出馬を見据え、2月3日付で保健相を退任する予定のアレッシャンドレ・パジーリャ氏に30日、思わぬ報道が舞い込んだ。 同日付フォーリャ紙が、昨年12月に父が創設メンバーに入っている医療系の非政府団体「コイノニア」に19万9800 […]
  • 福島県知事が来伯へ2007年9月29日 福島県知事が来伯へ ニッケイ新聞 2007年9月29日付け […]
  • 6カ月連続で雇用が減少中の工業界(Arquivo ABr)2014年11月18日 10月に雇用が減少?=統計開始以来初の重大事=建設、農業、工業を中心に  労働省が14日、全就労・失業者台帳(Caged)によると、10月の雇用は解雇者が新規採用を3万283人上回ったと発表したと15日付伯字紙が報じた。 10月は通常、ナタール(クリスマス)に向けて生産活動が向上する時期で、短期契約の雇用が増えるため、昨年は9万4900人の雇用 […]