ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁がフラヴィオ氏の訴え却下=ケイロスの疑惑捜査は継続

《ブラジル》最高裁がフラヴィオ氏の訴え却下=ケイロスの疑惑捜査は継続

 今年最初の開廷となった最高裁で1日、マルコ・アウレーリオ・メロ判事が、フラヴィオ・ボウソナロ上議が提出した、リオ州議時代の元運転手ファブリシオ・ケイロス氏への捜査差し止め請求を却下した。1日付現地サイトが報じている。
 フラヴィオ氏が差し止めを求めたのは、リオ州検察局が金融活動管理審議会(COAF)の資料を基に進めていた、ケイロス氏の口座を巡る疑惑に関する捜査だ。この口座では、幽霊職員と思われる人たちからの振込みなど、120万レアルに及ぶ不審な金の動きが確認されていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ