ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『ブラジル老荘の友』534号が7月に刊行された。冒頭には「西日本豪雨災害お見舞い申し上げます」とあり、全国老人クラブ連合会の斉藤十郎会長宛てに送った塾連の上野美佐雄会長の手紙が転載されている。いわく「このたびの西日本を襲った記録的豪雨により被災された多くの全老連会員の皆様並びにご家族の皆様には心からお見舞い申し上げます。大変なご事態にご苦労も多いことと存じますが、皆様の安全と被災地の一日も早い復興と、平穏な生活に戻られますよう切にお祈りいたします」との文面。さらに同号には五十嵐司顧問も「わが塾連の古強者も駆けつけて、いくらかの救援のお手伝いにでも加わりたい、との強い思いも、体力的にはかなわず、今は一日も早い復旧を遠くからお祈りするばかりです」との言葉も。皆が西日本豪雨被害に胸を痛めていることが伺われる。ぜひ広島県人会の募金活動に協力を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年9月11日 大耳小耳  ブラジル吟剣詩舞連合会(宮村秀光会長)は「第47回全伯吟剣詩舞道大会 吟と舞と剣」を7日に、聖市内在伯大阪なにわ会会館で開催したが、宮村会長によると、出場者の中から18人がパラー州ベレンで開催される「日本週間」に出演するそう。汎アマゾニア日伯協会主催するアマゾン90周年記念行 […]
  • 大耳小耳2019年9月5日 大耳小耳  トメアスー日本語学校は生徒からの月謝と文協の資金を財源としているが、生徒数の減少により決して潤沢ではない。スキルアップのためにサンパウロの講座を受けたくても、厳しいのが実情だ。今年6月末に決まり、海外日系社会の日本語教育支援も盛り込まれている『日本語教育推進法』を利用して解決 […]
  • 大耳小耳2019年9月4日 大耳小耳  ラーメン職人・SHINさんが今週から金・土曜日だけではなく日曜日にも、聖市ベラ・ビスタ区の日本食店「ワカ・ハウス・ジャパニーズ・フード」(Av. Brigadeiro Luiz Antonio, 2050, loja […]