ホーム | イベント情報 | 下地衆議四世ビザ説明会=5日「新制度の概要と展望」

下地衆議四世ビザ説明会=5日「新制度の概要と展望」

昨年7月に説明会を開いた下地衆議

昨年7月に説明会を開いた下地衆議

 7月から施行開始となった四世ビザ制度導入の道筋を開いた、日本の下地幹郎衆議院議員による説明会「日系四世受入れのための新制度の概要と展望」が5日(日)午後4時から、文協貴賓室(Rua Sao Joaquim, 381)で開催される。日系主要5団体及び国外就労者情報援護センター共催、入場無料。
 下地衆議による政策説明会はこれで2回目。昨年7月の説明会では、言語要件、年齢制限を設けないなど非常に積極的な構想が語られ、多くの期待が寄せられていた。だが、法務省の省令として施行された現行制度は、当初の構想とはかけ離れた厳しい条件が付けられた内容となっている。
 訪日手続きにあたっては、日系四世受入れサポーターが必要となることに加え、30歳迄の年齢制限や家族帯同不可。入国時及び在留期間更新時の日語能力が要求されるほか、滞在期間は最長で5年間となっており、かなりハードルが高いのが現状だ。
 案内のために来社した永井康之CIATE専務理事、中島エドアルド文協事務局長は「下地衆議が現行制度をどのように評価しているかを伺うと同時に、日系社会の率直な思いを伝え、国政に反映させてもらう機会にもなる。ぜひ奮ってご参加を」と呼びかけた。入場開始は午後3時半から。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間2021年5月4日 《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間 CPI全体の要となる最初のマンデッタ証言  「ケンチ(熱い)な1週間」になりそうだ。4、5日には中央銀行の通貨審議会(COPOM)で再び基本金利をぐっと上げることが予想されており、下院ではいよいよ4分割された税制改革の第1段の審議や、21年度予算で大統領が拒否権を […]
  • 日伯アーティストが楽曲コラボ=アマゾンの豊かな自然へ感謝!2021年5月4日 日伯アーティストが楽曲コラボ=アマゾンの豊かな自然へ感謝!  「風や水も、アマゾンから来たかもしれない。そんなことを考えるきっかけになればと思います」――ブラジルのサンバ・ファンク歌手ガブリエル・モウラ氏とのコラボ楽曲「Obrigado, […]
  • 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか?2021年4月27日 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか? 「政治的迫害の犠牲者」としてアピール  ルーラは24日に組合関係者と会合を持ったのち、27日にはブラジリアへ行き、MDBやセントロンを初めとする旧友らと逢い、来年の大統領選挙に向けての動きを本格化させる予定とエスタード紙23日付(https://politica. […]
  • 青年文協=献血活動に123人参加=若者主導で社会に貢献2021年4月24日 青年文協=献血活動に123人参加=若者主導で社会に貢献  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は4月9日9時から16時に、青年文協(ラファエル・ペターセン部長)主導の『文協献血キャンペーン』を多目的ホールで開催し、総勢123人が協力した。  現在、コロナ禍の影響で献血する人が激減しており、輸血用血液が不足していること […]
  • 《記者コラム》CPIの裏で二者択一迫られるボルソナロ=セントロンかゲデス財相か2021年4月20日 《記者コラム》CPIの裏で二者択一迫られるボルソナロ=セントロンかゲデス財相か コロナ禍CPIの先にあるものは  ボルソナロ大統領は先週、三回大きな落胆を感じたに違いない。  一つ目の落胆は《コロナ禍議員調査委員会(CPI)の開設》だ。  大統領は、開設させないように最大限の交渉をしたが押し切られた。どうせ野党中心のコロナ禍CPIが開設さ […]