ホーム | 日系社会ニュース | 横浜海外移住資料館で企画展=「受け継がれる日本の味と家族の記憶」

横浜海外移住資料館で企画展=「受け継がれる日本の味と家族の記憶」

チラシ

チラシ

 JICA横浜の海外移住資料館が4月27日(火)から企画展示『日系人のレシピ―受け継がれる日本の味と家族の記憶』をキッコーマン国際食文化研究センターの協力で開催している。
 移民史における女性の役割は非常に大切だが、中でも日本食文化の継承という意味では主役といえる。異郷の地で婦人たちが現地の材料で「日本食」として作ったレシピには、目に見えない試行錯誤や工夫がいっぱい。
 今回の展示では、移住先各国のレシピ集を通してみる女性の貢献、そこから見えてくる食の変遷などが紹介される。食を通じた社会の記録ともいえる展示だ。
 JICA横浜2階海外史料館の企画展示室で。営業時間は10時から18時で、最終入館は17時半まで。入館無料。
 問い合わせは同資料館(電話=045・663・3257、メール=jicayic_jomm_info@jica.go.jp)。詳細は同サイト(https://www.jica.go.jp/jomm/events/2021/210427_1121.html)。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年7月25日 東西南北  コロナウイルス感染で官邸内隔離が続くボルソナロ大統領。その間におこなわれた世論調査では、支持率が上がっているのだという。目立ったことを特に行なったわけではないのに支持率があがるということは、実は、おとなしくして余計なことを言わなければ支持率は保てるということかも。そんな大統領 […]
  • 弓場農場にバーが誕生!=辻海さん「みんなの集う場所に」=カウンターや棚も自作2010年1月19日 弓場農場にバーが誕生!=辻海さん「みんなの集う場所に」=カウンターや棚も自作 ニッケイ新聞 2010年1月19日付け  「みんなが集う場所になれば」―。自作したカウンター越しに語るのはコムニダーデ・ユバ協会(弓場農場・弓場常雄代表)の辻海さん(25、三世)だ。 […]
  • 東西南北2020年3月21日 東西南北  20日から、本格的な商業活動禁止に入ったサンパウロ市だが、20日付アゴーラ紙が営業している店や分野を掲載。それによると、営業しているのは薬局、スーパーマーケット、席の間隔が1メートル以上離れたパダリアやレストラン、ランショネッテといった食堂、フェイラ、ガソリン・スタンド、コン […]
  • IPEA=サンパウロ市の交通政策を批判=利用者よりバス会社重視2004年11月27日 IPEA=サンパウロ市の交通政策を批判=利用者よりバス会社重視 11月27日(土) […]
  • 南大河州で大干ばつ=370都市で非常事態令=過去最悪、完全な〝予測外れ〟2004年4月27日 南大河州で大干ばつ=370都市で非常事態令=過去最悪、完全な〝予測外れ〟 4月27日(火)  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十六日】リオ・グランデ・ド・スル州(以下、RS州)が現在、過去最悪の大干ばつに見舞われており、同州の都市の七五%に相当する三百七十市が非常事態令を出している。 […]