ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭り=日系企業や進出企業も出展=池崎商会で移民史トンネルも

日本祭り=日系企業や進出企業も出展=池崎商会で移民史トンネルも

池崎商会のブース入り口をくぐると日本移民の歴史を伝えるトンネルへ

池崎商会のブース入り口をくぐると日本移民の歴史を伝えるトンネルへ

 先週の7月20~22日の3日間、聖市EXPOセンターで行われた県連の日本祭りでは、当地日系企業や日本からの進出企業も出展していた。特に目立っていたのは、3千平方メートルもの広さのブースで一般消費者向けに「Beauty Fair」を行なった池崎商会(池崎博文名誉会長)だ。ブース前に豪華な鳥居を設置し、入り口をくぐると日本移民110年、池崎商会の54年の歴史を伝えるトンネルが設置された。
 トンネルでは日本移民史を日ポ両語で説明。多くの人が足を止め、説明を読みふけっていた。日本移民の歴史の後は池崎商会の歴史や過去の商品などが展示された。
 家族で訪問したミナカワ・シルレイさん(48、三世)は「とても良い企画だと思う。第一回移民から今までの歴史をよく説明している」と評価した。
 ダイキン・マッケイ空調ブラジル社は、ブース後方のトラックの荷台にエアコン製品の機能を体感できるスペースを設置。日本から送られた同社製品のマスコット「ぴちょんくん」も人を集めた。ブース内で案内していた原田エリアナさん(45、二世)は「マスコットに人気が集まったほか、エアコンの購入について多数相談を受けるなどの収穫があった」と喜んだ。
 当地で日本の漫画を中心に出版するJBC社は漫画『AKIRA』の主人公がのるバイクの実物大模型を設置し、写真撮影に並ぶ人で賑わっていた。
 同社のエジ・カルロス・ロドリゲスさん(39)は同バイクを展示した理由を、「今年は同作品のアニメ映画上映から30周年、JCBから2巻を発刊したこと」と説明した。昨年7月に発刊した1巻はすでに在庫切れ、重版が決定したそうだ。
 バイク模型に跨り記念撮影をしていたラファエル・リマさん(30)は、日本祭り6回目の参加となったそう。今年の日本祭りについて「この祭りの特徴はなにより会場が広い! 漫画だけじゃなくて、日本文化についての様々なアトラクションもあって楽しい。凝ったコスプレイヤーが多いのも魅力」と笑顔で語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、聖市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさかいが生じ […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]