ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』465号が7月に刊行された。《秋深し蒸かし肉まん恋しくて》(バストス、藤田克椰)。東洋街では中華食材店には各種肉まんが並んでおり、ダイソーでレンジにかけられるプラスチック容器を買ってきてチンすれば、蒸かさなくても簡単に食べられる時代に。5月の鯉のぼりはなかなか当地で見ることができない。それゆえ《鯉のぼり瞼の裏にはためける》(ルセリア、中山哲弥)には納得。《旅人として夕焼けに立つ故郷》(サルトデピラポーラ、百合由美子)も味わい深い作品。《雛壇に西洋人形飾る孫》(グアルーリョス、立石紀子)も移民家庭らしい光景。《避寒宿焼ピラルクーと鰐刺身》(サンパウロ、小橋矢介夫)はどこのリゾートか。ワニの刺身はかなり珍しいのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年1月17日 大耳小耳  椰子樹社(多田邦治代表)が発行する歌誌『椰子樹』383号が19年12月に発行された。《移住時は貧困に生きしわれにして節約言えば若きら笑う》(梅崎嘉明)、《訪れし日のありありと首里城の火の海となる映像胸突く》(小池みさ子)、《民の幸・世界平和を願いたまう御即位宣言の天皇陛下》( […]
  • 大耳小耳2020年1月16日 大耳小耳  10日付本面記事「修養団=講師・中山貴生さん来伯=聖、パラナで講習会開催」で報じた通り、ブラジル修養団連合会はサンパウロ、パラナ両州で子ども向けに心身の成長を目的とした講習会を開催している。その定員に空きがあり、現在参加者を募集中。修養団の関係者でない人も参加可能。参加する子 […]
  • 大耳小耳2020年1月15日 大耳小耳  11日付本面「村田製作所が特別な取り組み=デカセギのビザ、渡航費負担」の記事中、一部、不適当な表現があった。デカセギの訪日渡航費と入国査証(ビザ)取得にかかる費用を、直接に負担しているのは人材派遣会社の方だった。クライアントが支払うお金を人材派遣会社がやりくりして、その費用を […]
  • 大耳小耳2020年1月9日 大耳小耳  東京五輪の応援動画制作には、企画立案から他のボランティアへの呼び掛け、踊りの指導、撮影、編集など約5カ月も要したとか。そのかいもあり、動画公開後には視聴者から「感動で涙が出た」「今後多くの方に見てほしい」などの声も届いたそう。いよいよ7月から東京五輪が始まるにあたり、ブラジル […]