ホーム | コラム | 樹海 | 両親の涙が涸れるのはいつ?

両親の涙が涸れるのはいつ?

 3日未明、ニカラグアで医学を学び、研修で当直勤務を行った帰りに機銃掃射を受けて死んだライネイア・リマさんの遺体がペルナンブコ州に着き、昼前に埋葬が行われた▼この件は4日付サイト記事にも書いたが、リマさんの帰郷を心待ちにしていた母親が、大学が特別に出した卒業証書を手に娘への思いを語った部分などは涙を誘い、何度ももらい泣きした。遠く離れて暮らす娘を案じぬ親はいない。医者にという夢を叶えるため、言葉も出来ない国に渡って苦学を重ねた娘ならなおさらだ。娘の死を知った日から葬るまで、両親がどれだけの涙を流したかと思うと、また涙腺が緩む▼リマさんの例は特別だろうが、2日には、親元から離れて、家の娘と同居中の女性が交通事故に遭った。信号が変わって彼女が歩き出したら信号無視の車が撥ねたもので、運転手は「(病院に運ぶために)車を取りに行く」と言って、車まで行くとそのまま逃げたという▼子供が熱や痛みに苦しめば代わってやりたいと思うのが常だった。だから「欧州に住む彼女の母親が知ったら…」と考え、胸が潰れる思いをした翌日、リマさんの記事で再び涙した。5日にその知人を訪問したら、「昨日から痛みが和らいだ」と微笑んだ後、「警察では『加害者が誰だかわからない事故で何をやれと言うんだ』と言われた」と失望した表情も見せた▼リマさんの母親は弾傷で苦しむ娘の姿こそ見ていないが、それは心痛軽減を意味しない。母親は葬儀の場で「生きている限り、犯人逮捕と処罰を待ち続ける」と語った。ニカラグア側は本人が不用意に車を動かしたから起きた事件としており、両親の涙が涸れる事はなさそうだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変2020年7月24日 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変  今年の全国市長選は新型コロナウイルスの影響で、通常より1カ月遅い11月に行われるが、今の時点で早くも「異変」が現れている。しかも、それは「左派」に顕著に出ている。「左派の雄」のはずの労働者党(PT)がピリッと来ないのだ。  しかもそれは2016年のように「ラヴァ・ジャット作 […]