ホーム | コラム | 樹海 | 両親の涙が涸れるのはいつ?

両親の涙が涸れるのはいつ?

 3日未明、ニカラグアで医学を学び、研修で当直勤務を行った帰りに機銃掃射を受けて死んだライネイア・リマさんの遺体がペルナンブコ州に着き、昼前に埋葬が行われた▼この件は4日付サイト記事にも書いたが、リマさんの帰郷を心待ちにしていた母親が、大学が特別に出した卒業証書を手に娘への思いを語った部分などは涙を誘い、何度ももらい泣きした。遠く離れて暮らす娘を案じぬ親はいない。医者にという夢を叶えるため、言葉も出来ない国に渡って苦学を重ねた娘ならなおさらだ。娘の死を知った日から葬るまで、両親がどれだけの涙を流したかと思うと、また涙腺が緩む▼リマさんの例は特別だろうが、2日には、親元から離れて、家の娘と同居中の女性が交通事故に遭った。信号が変わって彼女が歩き出したら信号無視の車が撥ねたもので、運転手は「(病院に運ぶために)車を取りに行く」と言って、車まで行くとそのまま逃げたという▼子供が熱や痛みに苦しめば代わってやりたいと思うのが常だった。だから「欧州に住む彼女の母親が知ったら…」と考え、胸が潰れる思いをした翌日、リマさんの記事で再び涙した。5日にその知人を訪問したら、「昨日から痛みが和らいだ」と微笑んだ後、「警察では『加害者が誰だかわからない事故で何をやれと言うんだ』と言われた」と失望した表情も見せた▼リマさんの母親は弾傷で苦しむ娘の姿こそ見ていないが、それは心痛軽減を意味しない。母親は葬儀の場で「生きている限り、犯人逮捕と処罰を待ち続ける」と語った。ニカラグア側は本人が不用意に車を動かしたから起きた事件としており、両親の涙が涸れる事はなさそうだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「言葉の力」を大切に2019年6月20日 「言葉の力」を大切に  知人との会話の中で、「言葉の力」という言葉が出てきた。「愛」「感謝」といった言葉を書いた紙の上に水の入った入れ物を置いておくと、水の分子が雪の結晶のようなきれいな形になり、水質もよくなるが、「憎しみ」「怒り」といった言葉を書いた紙の上だと、分子はきれいな形にはならないという内 […]
  • 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎2019年6月18日 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎  「本にして残せば、その記録は永遠に生きていく、というのが私の信念です」――日本では数少なくなってきた地方出版、その雄ともいえる秋田県の(有)無明舎出版の安倍甲社長(あんばい・はじめ、69、秋田県秋田市在住)が着伯した14日に来社した際、そんな印象に残る言葉を残した。 […]
  • 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判2019年6月14日 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判  9日の夜から、伯国は、通称「ヴァザジャット」と呼ばれるスキャンダルで揺れている。ラヴァ・ジャット作戦を指揮していた二人のリーダー、セルジオ・モロ法相とデウタン・ダラグノル捜査官が、違憲とされている「判事と検察の協力」を行なっていたことや、ダラグノル氏に関しては、実はル […]
  • 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?2019年6月13日 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?  アマゾン基金の用途変更や環境関連の国際会議の開催拒否、銃規制緩和など、時代に逆行する政策が目立つボウソナロ政権でまた、物議を醸しそうな話が浮上した▼インフラ省が環境省に高速道や鉄道、港、空港がある環境保護区の指定基準見直しを求め、60を超える保護区が指定解除となりそうだという […]