ホーム | コラム | 樹海 | 両親の涙が涸れるのはいつ?

両親の涙が涸れるのはいつ?

 3日未明、ニカラグアで医学を学び、研修で当直勤務を行った帰りに機銃掃射を受けて死んだライネイア・リマさんの遺体がペルナンブコ州に着き、昼前に埋葬が行われた▼この件は4日付サイト記事にも書いたが、リマさんの帰郷を心待ちにしていた母親が、大学が特別に出した卒業証書を手に娘への思いを語った部分などは涙を誘い、何度ももらい泣きした。遠く離れて暮らす娘を案じぬ親はいない。医者にという夢を叶えるため、言葉も出来ない国に渡って苦学を重ねた娘ならなおさらだ。娘の死を知った日から葬るまで、両親がどれだけの涙を流したかと思うと、また涙腺が緩む▼リマさんの例は特別だろうが、2日には、親元から離れて、家の娘と同居中の女性が交通事故に遭った。信号が変わって彼女が歩き出したら信号無視の車が撥ねたもので、運転手は「(病院に運ぶために)車を取りに行く」と言って、車まで行くとそのまま逃げたという▼子供が熱や痛みに苦しめば代わってやりたいと思うのが常だった。だから「欧州に住む彼女の母親が知ったら…」と考え、胸が潰れる思いをした翌日、リマさんの記事で再び涙した。5日にその知人を訪問したら、「昨日から痛みが和らいだ」と微笑んだ後、「警察では『加害者が誰だかわからない事故で何をやれと言うんだ』と言われた」と失望した表情も見せた▼リマさんの母親は弾傷で苦しむ娘の姿こそ見ていないが、それは心痛軽減を意味しない。母親は葬儀の場で「生きている限り、犯人逮捕と処罰を待ち続ける」と語った。ニカラグア側は本人が不用意に車を動かしたから起きた事件としており、両親の涙が涸れる事はなさそうだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「伯国の“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義だ」 […]
  • 言葉を発する前のためらいや熟慮は?2018年11月8日 言葉を発する前のためらいや熟慮は?  NHKの番組で先日、中高年の男性が「オヤジギャグ」を言うのは、50代をピークに「連合記憶」が活性化する一方で前頭葉の働きが落ち、節制が利かなくなるからと語っていた▼言語学をかじっただけに、「連合記憶」や前頭葉という言葉が懐かしくて聞いていると、年齢や経験を重ねる事で一つの言葉 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 結局は「お花畑」が招いた極右政権なのか?2018年11月2日 結局は「お花畑」が招いた極右政権なのか?  10月28日にジャイール・ボウソナロ氏が伯国大統領に当選したことに関し、国外と伯国内での温度差のあまりの違いを感じざるを得ない状況となっている▼欧米のメディアは同氏が行って来た女性やLGBT、黒人への差別や銃自由化、政敵への過剰な攻撃ぶりを報道し「民主主義の危機」を報 […]