ホーム | イベント情報 | 歌手・小川善久さん、新曲披露=今週末ポルトアレグレ日本祭りで

歌手・小川善久さん、新曲披露=今週末ポルトアレグレ日本祭りで

来社した小川さん

来社した小川さん

 日本のアマチュア歌手・小川善久(よしひさ)さん(53、和歌山)が18、19両日に南大河州ポルト・アレグレ市で開催される「第7回日本祭り」に出演する。ブラジル移民110周年を記念して書き下ろした新曲などを披露する。

 ミュージシャン名は「ZENKYU」。同祭に出演するのは今回で5回目となる。新曲「百と十年の轍」はブラジルでひたむきに生きた日本人移民について歌ったバラードソングで、「思い描いて違う景色の中でも前だけは見つめていた、轍の先を」と情緒豊かに歌い上げる。

 18日午後2時からの開会式前と同日午後3時45分、19日午後1時45分にステージで歌う。来社した小川さんは「ポルト・アレグレや近くにお住まいの方はぜひ聞きに来てください」と呼びかけた。会場では「百と十年の轍」と他3曲が入ったCDを配布する予定だ。

 小川さんは、動画サイトユーチューブに自身のチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC_UFIf6yxP56oT9FkAPMriw)を開設しており、ここでも小川さんの曲も聞くことが出来る。

 

 アマチュア歌手の小川さんは普段、日系企業の駐在員に向けにポルトガル語と中国語の研修を提供する会社「漢和塾」を経営している。近年、ブラジル経済が低迷しているためポルトガル語を学ぶ駐在員は減ったが、方や中国語の事業は好調だという。「中国にはすでに大企業が進出しているが、その隙間を縫うように中小企業にチャンスが巡ってきている。小さな町でも人口100万人あったり、マーケット規模が大きい」と話す。ブラジルは税務や地理的な遠さから中小企業にとって進出のハードルが高いといわれるが、中国は対照的なようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • アマゾン90周年のバラード=歌手ZENKYUさん発表2019年1月19日 アマゾン90周年のバラード=歌手ZENKYUさん発表  日本のアマチュア歌手「ZENKYU」(本名=小川善久(よしひさ)、53、和歌山県)=千葉県在住=が、アマゾン日本人移住90周年を思いながら書き下ろしたロック・バラードの新曲「この地に舞い降りたのは」を作り、さっそく年明けにライブ録画し、インターネット上に映像を公開した。9 […]
  • 大耳小耳2019年1月15日 大耳小耳  「リオ祭り」が今月25~27日に、バッラ・ダ・チジュッカ区にあるリオセントロ・コンベンション・イベントセンターの第四パビリオン(Av. Salvador Allende, 6555 – Barra da Tijuca, Rio de Janeiro, […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボルソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]