ホーム | コラム | 樹海 | アジア系として微妙な映画名

アジア系として微妙な映画名

「クレイジー・リッチ・アジアンズ」の原作

「クレイジー・リッチ・アジアンズ」の原作

 先週末、米国の映画興行で画期的な出来事があった。ハリウッド製作の映画で、史上初めて、ほぼ全てのキャストがアジア系の映画「クレイジー・リッチ・アジアンズ」が初登場で1位を獲得した。これは100年を超える同国の映画史上で、アジア人主導の映画が1位になった記念すべき瞬間。同じアジア系の人間としては国境を越えて嬉しい話だ▼さらにこの映画には逸話がある。本作の原作は中国系米国人の作家ケヴィン・クワンによる、シンガポールの中国系富豪一族を主役にした小説で、既に書籍としても世界的に大ヒットしていた。だが、それにもかかわらず、ハリウッドは本作を映画化するにあたり、クワン氏に「主役の一家を白人に、舞台をシンガポールから米国に変えてくれないか」と迫った。「そうしないとヒットしない」と彼らは考えていたからだという▼「私の作品を台無しにする気か」とクワン氏は断固として却下した。そもそも、この小説そのものも、近年の中国の富裕層の華やかな現実世界を描いていて、それが興味を持たれてヒットしていたから、仮にハリウッドの言うとおりに作っていたら、原作のファンにとっても腹立たしい結果となっていたはずだ▼すると映画は、ハリウッドの予想を裏切るように、米国で事前に有名な俳優もいなかったにもかかわらず、堂々の大ヒット。ここ数年、「人種的多様性」を強く訴える同国のメディアもこれをひとつのサクセス・ストーリーとしてとらえ、報道も連日のように行なわれている▼コラム子も、原作の小説を英語版で持っていて本作の公開を楽しみにしていた。だが、本作の伯国公開をネットで調べようとしていたそのとき、すごく歯がゆい気分を味わってしまった▼伯国公開が11月と遅いのも嫌だったが、これのポルトガルの題名が「ポードレス・デ・ヒコス」であるのに落胆してしまった。直訳すると「金持ちの腐敗」となるが、そのどこにも「アジア」というニュアンスが消されてしまっているのだ▼ショックのあまりさらに調べてみると、原作の方は既に伯国ではポ語訳が発売されていて、こちらの方は「アジアチコス・ポードレス・デ・ヒコス」と、こちらの題名にはしっかりアジア人であることが生かされている。つまり、伯国の映画業界は本場ハリウッドと同じく、ヒットしないことを恐れて「アジア」の文字をわざわざ削っていたのだ▼コラム子はこのことを日本にいる知人たちに語ったのだが、さらに驚くべき事実が判明した。それは日本での題名も「クレイジー・リッチ!」とアジアが省かれているのだという。しかもこちらも原作小説は「クレイジー・リッチ・アジアンズ」の名で売られているのだという▼これは、もしかしたら、「アジア人などで売れるわけがない」と考えたハリウッド側が、国際市場に向けて手を回した策略なのか?そんな風にも考えてしまいたくもなったが、もし、そうだとしたら、なんとも粘着質な恨み節だが。だが、それも、米国での予想外のヒットが武勇伝的に語られる今となってはハリウッドの保守性を示すだけの無駄な話だ▼だが問題は、今のままではこの映画は「アジア」という名前が抜かれたままで公開されてしまうことだ。これでは米国でのせっかくの美談にも傷がついてしまう。伯国に住むアジア系移民として由々しき問題だ。公開がはじまってしまう前に、配給先に問い合わせて、いま一度題名の再考を促してみてもいいかもしれない。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロ家の新たな「奇遇」2019年5月17日 ボウソナロ家の新たな「奇遇」  まだ大きなメディアが取り上げてはいないが、国内のSNSで密かに話題になりはじめている事態が起きている。13日、ニュース・サイトDCMはボウソナロ大統領次男のカルロス氏が、昨年の7月7日~9日にかけて、サンタカタリーナ州サンジョゼにあるガン・クラブ「38」に通っていた事 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」2019年5月7日 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」  「皆さん、今日4月28日が何の日か知っていますか?」―講演の冒頭で、山城千秋・熊本大学教授が聴衆に質問したが、誰も答えられなかった。ブラジル沖縄移民研究塾(宮城あきら代表)が主催する第1回文化講演会「沖縄産業開発青年隊が果たした歴史的役割」が本部講堂で行われた時の一幕 […]
  • “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度2019年4月30日 “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度  昨年の大統領選挙以来、なぜ世の中は、社会保障改革、社会保障改革とさわいでいるのか――。読者の多くもブラジルの年金を日々もらっているだろう。これが安定的に支払われるのかを心配する人もいるのではないか。実際にリオ州公務員は一昨年来、支払いが滞っている。  そこに見え隠れ […]